管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まあ当然なんだろうけれど

<<   作成日時 : 2018/10/11 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2001年以来17年振りの最下位と言う結果に終わってしまった今年の阪神タイガースですが、いろいろとネットで調べてみると金本監督や片岡ヘッドコーチの責任を問う声が多いようですね。まあ金本監督曰く「自分が監督をやった3年間で最強のチーム」と自負していたチームがまさかの最下位と言う結果に終わってしまったのですから、ファンの反応も当然なのかもしれませんが、その金本監督が今年限りでの辞任を表明したようですね。

「辞任の阪神・金本監督会見 「結果の世界。何より最下位という、そこですよね」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000058-dal-base
「阪神球団社長、後任監督「まだ、これから」辞任に驚き」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000551-sanspo-base

なんか昨日の本拠地(甲子園球場)最終戦で「(今期最下位に終わった)この悔しさを、選手たちは真摯(し)に受け止め、来年必ずたくましく帰ってくれるものと信じております」と言う挨拶をしたとかいう話なのでもしかしたら、と思ったファンも多かったようですが、どうやら阪神の最下位が確定した10月8日のヤクルト戦に敗れた時点で腹はくくっていたのかな、と言う気が管理人はするのですが。
いや、巨人が3位になって4年連続で優勝を逃した、という事で高橋由伸監督が辞任を表明しましたけれど、どうしても巨人と阪神と言う球団は(それこそ80年以上の歴史がある球団だから)どうしても最終的に結果が求められてしまう事になりますからね。それで思うように結果が出せず苦しかったのは高橋監督も金本監督も一緒だと思うのですが、考えてみるとこの2人、現役からそのまま引退して監督になって結局3年後に辞任、と同じような道を歩んできていますからね。しかも巨人は鹿取GMが辞任を表明し、阪神の方は坂井オーナーが退任するという話ですから(巨人は原監督が史上初めての3度目の監督就任が決まったようだが)、来年は両チームとも顔ぶれががらりと変わった中で戦う事になるわけですから、一体どうなるのでしょうか?

まあ、とはいえ高橋監督も金本監督もこれで終わりというわけではないんですから1度、外から野球を見てみるというのもいいかもしれませんね。そしていつになるかわかりませんが、またいつか二人ともスケールが大きくなって監督として戻ってきてくれると管理人は思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあ当然なんだろうけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる