管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 思わず「マジか?」と言ってしまった。

<<   作成日時 : 2018/08/28 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のブログをUPした直後、管理人このニュースを見て思わず「マジか?」と言ってしまった、「ちびまる子ちゃん」でお馴染みの漫画家のさくらももこが急逝したというニュースですが。

「さくらももこさん死去、悲しみの声は海外まで「Marukoを見て育ってきた」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000003-cine-movi
「アニメ『ちびまる子ちゃん』9・2番組内容を変更へ 原作25周年記念作を放送」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000304-oric-ent

いや、アニメでまる子のお姉ちゃん(さきこ)の声をやっていた水谷優子さんが亡くなった(現在は豊島真千子さんが演じている。ちなみに「まる子」の声優はおじいちゃんの友蔵が3代目(富山敬→青野武→島田敏)、お姉ちゃんが2代目)のが2016年、51歳の時ですから、彼女が53歳で亡くなった、と言う事は故・水谷優子さんとほぼ同い年だった、と言う事になるんですね。
それにしても乳がんだったとはねえ。いや、確か数か月前だったかその「まる子」のアニメのある場面で「おばあちゃんが2人描かれている」と言う作画ミスが話題になってそれに関して「息子が指摘した」みたいなブログを書いた、と言うのを聞きましたが、それで本人は元気だったと思うのですが、やはり闘病生活は周りには黙っていた、と言う事なのでしょうか?
いや、調べてみると1984年に漫画家デビューしてから、確かに「まる子」は大ヒットとなりましたけれど、必ずしも順風満帆という人生でもなかったようですね(離婚も経験した、と言う話だし)。まあ本人は本名も非公開だったという話だし(まあ、勿論一部の人は知っているだろうが)、徹底的にプライベートに関しては明かさない主義だったのかなと言う気もしますが。

9月2日の「まる子」は内容を変更する、と言う話のようですが(それとCMキャラクターに採用している管理人の住んでいる茨城県最大の家電量販店、ケーズデンキもどうするのか、と言う気がするが)、ただ「まる子」のモデルは本人と言う話だし、内容も彼女が小3だった当時の話をベースにしているということですしね。もしアニメでまる子が将来について「いいおばあちゃんになりたい」と言っても視聴者は「まるちゃん、あんたあと50年生きられないんだよ…」と言う気持ちになりゃしないか、と心配です。


(ANIMEX1200-189) ちびまる子ちゃん MUSIC COLLECTION
日本コロムビア
2015-01-21
V.A.

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
思わず「マジか?」と言ってしまった。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる