近い将来普通になるのだろうか?

「広がるか昆虫食=栄養たっぷり「スーパーフード」―欧州」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180616-00000059-jij-eurp

いや、管理人も食糧不足を救う食品として昆虫が注目されている、という話は聞いたことがあるし、日本でも例えば昔からイナゴの佃煮、なんてのが食べられていましたから別に昆虫を食べる、という文化がなかったわけではないのですがねえ。

以前フィンランドだかどこかでパンの中にコオロギを粉末状にしたものを練りこんで売っている、という話を聞いたことがありますし、勿論それとは聞かされずに出されたとしたらそのまま食べてしまうかもしれませんし、いろいろと調べてみると味そのものも結構いいらしいんですけれど、ただそのままの姿です上げされたものを出されたとしたら果たして食欲がわくかどうか(苦笑)。

いや、考えてみれば人間は魚だってそのままの姿の焼き魚として出されるものを食べますし、それを見て何とも思わないのですから、近い将来昆虫食が当たり前のような時代となって、その料理が出されたとなればおそらく何の抵抗もなく食べると思いますし、昔からそういう世の中だとしたら管理人も何の抵抗もなく食べるとは思うのですが、(管理人個人的にはもともと昆虫とかにあまり興味がなかったし、焼き魚もあんまり食わないし)ただまだちょっと抵抗があるんですよね。

それはそうとヨーロッパでは養殖や販売が広がりつつあると言いますし、日本では人口増加率がマイナスに転じているものの、世界の人口は増えていますからそうなると食糧危機を乗り越えるためには昆虫食が注目されるのは当たり前だと思うのですが、やはりまずは(管理人のような人物に対して)そういった食べることに抵抗を無くすことに尽力するべきだと思いますし、あとは(普通の食品も同じだが)衛生管理などにも十分に気を付けていけないでしょうね。

果たして近い将来昆虫食が普通になる、という時代は来るのでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ラ・メール
2018年06月17日 08:45
イナゴの佃煮小さい時食べて居ましたね。 今の人達は、食べないと思いますね。o(^-^)o

この記事へのトラックバック