果たしてどれだけかかるか

熊本地震で交通機関もかなりダメージを受けて、今でも高速道路などは一部不通区間があるようですし、九州新幹線が車両が脱線してしまった、というニュースも聞いたと思いますが、その九州新幹線の脱線した車両の撤去作業が始まったようですね。

「脱線の九州新幹線、撤去を開始…作業難航恐れも」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160422-OYT1T50140.html

まあ幸いなことに回送中の列車だったという事で、怪我人等が出なかったことが幸いですが(逆を言えばその分車両が軽くて脱線してしまったかもしれないが、これはあくまでも管理人の想像、という事で)、ただ6両全部が脱線した、という話ですしね。それに6両全部撤去が完了したとしてもすぐに運転再開、とまでは行かないのも事実でして。

確か東日本大震災の時もその前に起きた新潟中越地震の時もそれぞれ東北新幹線や上越新幹線の車両が脱線し、復旧までに時間がかかったと記憶していますし、東日本大震災の時は(管理人の住んでいる茨城県も被害が出ましたが)、常磐線の特急「スーパーひたち」(当時)が脱線こそしなかったものの、運転を中止した時点のまま線路上にしばらく残っていましたし、車両の移動が完了しても破損した線路の復旧作業もあってしばらく電車が走っていませんでしたしね(まあ、今でも常磐線の一部は通行できなくなっているが。本当に2020年に全線復旧できるのかいな?)。話を新幹線に戻すとどちらとも復旧に相当時間がかかったと記憶していますし(そういえば阪神大震災の時も相当山陽新幹線の復旧に時間がかかったし)、今回の九州新幹線も車両撤去後、線路や電線の復旧作業もありますから、全線復旧までに時間がかかるのではないか、と思いますし、別の記事によると「夏前には復旧したい」と言っていますが、その「夏前」がいつごろなのか、にもよりますが(イメージ的には7月頃だとは思うが)、それまでに本当に復旧できるのかな、という気もしますね。

もちろん、九州新幹線というのは九州にとっては大事な交通手段だと思いますし、一日でも早い復旧を望みますが、だからと言って急ぎ過ぎるのもどうか、と思いますので、慌てず確実に復旧作業を進めていってほしい、と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック