なんでシーズン中に言わなかったんだろうね?

ということで本日2月1日からプロ野球のキャンプインとなり、宮崎で5球団、沖縄で7球団が一斉にキャンプインとなりました。
これから約3週間にわたるキャンプからオープン戦となり3月のシーズン開幕を迎えるわけですが、そんな中、”二刀流”として投手で11勝、HRも10本打つ、という活躍を見せ今年も活躍が期待されている日本ハムの大谷翔平選手にこんな騒動が持ち上がったようですね。

「大谷のルール違反判明!日ハムの「事後報告」に他球団反発」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00000005-tospoweb-base

なんでも大谷選手が打者として打席に立つときに(左打ちということで)右手にはめている手甲ガードの使用が問題となっているとか。
まあ、昔(それこそ20年前)と比べると投手が平気で150kmを超える(大谷選手なんか日本人最速の162kmという記録を持っているし)球を投げる現在、もし当たったりしたら選手生命にかかわる、ということでバッターもヘルメットの他にエルボーガードや打者用のレガースをする、といった重装備になっているようですが、それでも野球規則(それとも野球協約?)に使用が認められていないからルール違反じゃないか、ということでしかもそれが事後報告ということが問題となっているようですが…

ただ思うんですけれどそれだったらなんでシーズン中に指摘しなかったの? という気もするんですよね。たとえば「統一球問題」だってシーズン中に発覚したkらシーズン中のボール交換ということになったわけですけど、もしそれがシーズン終了後に発覚していたら「何をいまさら」ということになるのではないか、と思うのですが。
それにロッテの今江選手なども使っている、ということは何も大谷選手ばかりがルール違反というわけではないと思いますし、確かに用具規定で使用が許可されているものとして手甲ガードは載ってなかったかもしれませんが、別に「手甲ガードの使用は禁止する」とも書いていなかったらそりゃ使ってもいいんじゃないか、と思うのが普通だと思いますが。

手甲ガードについては12球団実行委員会で論議することになっているようですが、とにかく誰もが納得いくような結論が出てほしいですね。


公認野球規則―2014 Official Baseball Rules
ベースボールマガジン社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 公認野球規則―2014 Official Baseball Rules の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック