いったい原因はなんだったんだろうか

「近畿など緊急地震速報も…震度1以上の観測なし」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130808-OYT1T01021.htm

まあ、実際には和歌山県沖で地震が観測されたそうですが、震源の深さが10kmというのはとにかく、マグニチュード2・3といったらほとんど揺れなんか感じないような地震だと思いますから(ちなみに8月4日に石巻で発生した地震はM6・0で震度5強)、わざわざ緊急地震速報を出すまでもない地震なのですが。

このブログで何度か書いていますが、東日本大震災の時は管理人、車のラジオで緊急地震速報を聞いてからしばらくたって揺れを感じたので、車を「ここなら大丈夫だろう」と思って広いところで停めたら来ましたからね。
このことでもわかるとおり、緊急地震速報というのは出されてからどんなの遅くても数十秒たってから地震が来るものなのですが、今日の緊急地震速報が出たとき、管理人たまたまテレビを見てたんですけれど、5分経っても10分経っても全然揺れを感じなかったんですよ。「あれ? いくら関西方面で発生するといっても(記事を見てみると震度6弱~7と予想されてたというが)発生していたらそんなに間をおかずに揺れを感じてもいいと思うけどなあ」と思っていて、しばらくたってテレビのテロップが消えたので「消えたということはそんなに心配することでもないってことか」と思ったのですが、結果的には誤報といってもよかったものなのかもしれませんね。

結果的にはそのM2・3の地震が発生した際のノイズを地震計が揺れと感じ取ってしまったということらしいのですが、正直言って管理人そっちのほうの知識はゼロに等しいのでよくわかりませんが、もしこういったことが繰り返し起こったとしたら本物の巨大地震が来た時に取り返しのつかないことにもなりかねませんから、もう少しこういった機械の性能を上げるように気象庁は努力してほしいと思います。

で、もう一つ管理人が「え? 地震ってこんなのにまで影響するの?」と思った記事を。

「緊急地震速報で東京円、一時上昇も」
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130808-OYT1T01025.htm

まあ、ドルやユーロと比べたら日本円はまだ安全といわれているようですが、それでも下がるのではなく上がるのですからねえ。投資家はいったい何を期待してるのかな? と思わせるニュースですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック