あの手この手を使って

これだけネットなどが普及するとなると漫画雑誌というのも週刊誌・月刊誌を問わずに昔と比べると売れていないようで、たとえば昔は一年生から六年生までそろっていた小学館の学習雑誌も今は小学一年生と二年生しか発行されていませんし、ほかにも休廃刊した漫画誌、というのも数多くあるようで、出版社もあの手この手を使って売り上げを増やそうとしているようですが、そんな中、講談社の「なかよし」がこんな付録を出して話題になっているようですね。

「<なかよし>異例の部数4割増 「マンガ家セット」問い合わせ殺到で」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130803-00000005-mantan-ent

ちなみに管理人には(どちらもすでに嫁に行きましたが)姉と妹がいて、だいぶ昔ですけれど(管理人の年齢がバレるので詳細は控えますが(苦笑)ヒントを言うとあの「セーラームーン」は影も形もない頃、というかもしかしたら武内直子先生が一読者だったころかも(笑))「なかよし」を買っていた時期があったんですよ。

昔話はとにかく、「なかよし」が今年の2月に「なかよしマンガ家セット」という付録をつけて売ったところ、1週間で完売して問い合わせが殺到した、というニュースは管理人も知っていましたが、管理人の姉妹が買っていたころと比べるとこういう付録は想像できませんでしたよね。
もちろん管理人は現物見ていないので詳細はよくわかりませんが、2月の時にプロの漫画家が付録を使ってみて「付録とは思えない本格的な出来」と言ったことがもしかしたら売り上げアップに貢献したのかもしれませんね。それで今回編集部は前回買えなかった読者のためにということでもう一度付録を付けたと思いますし、しかも今回は初音ミクとのコラボという話ですから、もしかしたらミク目当てに買う大きいお友達が出るのではないか、と管理人は思いますが(おい!)。

それはとにかく、これをきっかけにして漫画家に興味を持つ子が出てくるかもしれませんし10年くらいたったら(漫画家は早いと10代でデビューするというし)「あの時の付録がデビューのきっかけとなった」という人が出てくるかもしれませんね。
もちろん本格的な漫画を描くには付録についている道具以上の物をそろえなければいけませんが、「なかよし」の編集部は思わぬヒットに大喜びしてるのだけは確実でしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック