これはもう信用問題だと思う。

日本の4大週刊少年漫画雑誌の一つ、「週刊少年チャンピオン」を出している雑誌社といえば秋田書店ですが、その秋田書店が読者プレゼントで実際より当選者を多く発表していた、という「水増し」が昨日から問題になっているようですが、それに合わせてかこんな問題も出てきているようですね。

「読者プレゼント「50人」実際はたった3人 秋田書店に消費者庁が措置命令」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00000060-zdn_n-sci

いや、管理人読者プレゼントというのは、まず最初に出版社側が十分なストックを用意してから(もちろん中には「発売日当日にゲームソフトをプレゼント」なんてのもあるから、その際にも何らかの形で人数分用意して)応募するものだと思っていたのですが、今回の秋田書店のそれを見てみると先に発表してから賞品を集める、という反対のやり方をやっていたようですね。しかも他の記事を見てみると最初からそのプレゼントを用意していなかったという事例もあるようですから、だったら何でこんなことをやったのかというのも気になりますし(別に「各1名様にプレゼント」とやればこんな問題は起こらなかったと思うし)、毎度思うのですが秋田書店の編集部員はこんなことやってばれたら大変だとは思わなかったのでしょうか?
で、その秋田書店が今日になってこんなことをやったようで…

「告発社員を解雇=秋田書店、懸賞水増し問題」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000077-jij-soci
「秋田書店、読プレ不正・社員解雇報道に反論 「元社員が賞品をほしいままに不法窃取」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130821-00000097-zdn_n-sci

2011年9月に休職に追い込まれた女性社員がその後どうやって2012年4月まで続いた賞品を不正窃取できるのか、といった疑問もないことはないのですが、まあ、いずれもこういったことは秋田書店のみならず出版会、もう一つ言えばこういう懸賞サイトの信用問題にもかかわることなのですから秋田書店は今後こういったことのないように読者に対して誠意を見せてほしいと思いますし、この問題にもしっかりと白黒をつけてほしいと思います。

ちなみに管理人も憲章にも数回あたったことがありますが、一番最近だと任天堂が「Wiiの間」終了に伴うプレゼントとして「修理、魅せます」のDVDに応募したら当たったので証拠として写真を公開するとともに、任天堂は信用できる会社である、と保証しておきます。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック