今はネットの時代だから、とはいえ…

管理人も「ニコニコ動画」内の「ニコニコ生放送」はよく見てますけれど、見ているのは大抵野球とかサッカーといったスポーツ関連ですから(そういった意味ではニコ生はもっとスポーツ中継を増やしてほしいんだけど)、あまり政治とかそっちのほうは見ないのですが(まあ、わざわざ政治問題をニコ動で見るまでもないだろうと思っていますから)、そのニコ動を巡って衆院選を控えた自民党と民主党の間でもめているようで…

「党首討論を「ニコ動」で!?自民OKも民主はNO」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00000224-sph-soci
「野田VS安倍の党首討論どうなる? 安住の「偏向サイト」発言にニコ動が激怒」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000005-jct-soci
「民主党のニコニコ動画に対するコメントについて」(ニコ動を運営しているドワンゴ側のコメント)
http://info.nicovideo.jp/20121126/

確かにニコ動は独自の機能として「リアルタイムで視聴者(ニコ生では「来場者」と言う)がコメントを残すことができる」というのがあって、いわゆる来場者が雑談をしている感覚で番組を見ることができる、というのが楽しみでもあるわけですがスポーツだってひいきチームに関するコメントがあるように政治問題となるとひと一人一人の考えは全く違うものとなってきますし、自分とは全く違った考えのコメントが表示されることもあるでしょうが、安住代行の「偏向サイト云々」という発言は何を見ていったのか、という気もしてきますよね。自民党も民主党も(というか政党の中には)ニコ生の生放送を使っているところもあるわけですし、たとえばそれが党の戦略と全く正反対なコメントの書き込みもあると思いますが、それを持って偏向サイトといっていいのか、という気もしますが。もしかしたら野田総理はそうは思っていないかもしれないし、そういった意味ではちょっと安住代行は不用意な発言をしたのではないか、という気もしてきますね。

まあ、いずれにせよ今はネット上での生放送をテレビよりも見ている、という人も多いと思いますし、上にも書いた通り、ネットの動画サイトで動画を挙げている政党も多いわけですからね。まあ、ネットの生放送というのはまだまだ発展途上の段階だと思うのですが、こういった形で国民が政治に興味を持ってもらう、といったようなやり方も必要なのではないか、という気もしますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 野田首相、ニコ動での党首討論に応じる

    Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/28(水) 16:55:04.11 ID:6Cms1i1f0 ?PLT(12878) ポイント特典ネット討論応じる=野田首相【12.. Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版 racked: 2012-11-28 18:00