なんでこういう事をするのかね?

よくブログなどでいわゆる「炎上」が起こる原因としては「ある人物を名指しで批判した」とか「非常識な行動をさも自慢するかのように書き込んだ」なんてのがありますが、最近はtwitterなどで気軽に使えるからか、こういった「炎上」が多くなっているような気がしますが…

「“共有”か“盗撮”か 他人を無断撮影して投稿、炎上する学生相次ぐ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111112-00000010-zdn_n-inet
(参考までに)「他人が写ると権利侵害? 写真撮影NGのウソ・ホント」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111106-00000006-rnijugo-ent

まあ確かに自分が旅行で言ってきた風景を写真に収めて、HPやブログに公開したところたまたまカップルが写ってしまっていた、といったくらいだったらそれほど問題はないとは思うのですが(ただ管理人も最近はその辺を注意してできる限り顔が特定できないように写真を選んでUPしているが)、上の記事のように本人はシャレか何かのつもりでも世の中にはそうとは受け取らない人だっているのですし、そもそも相手の許可なくして写真をUPする行為、というのが本当は肖像権等の侵害になるんですからねえ(実際写真撮影を禁止しているところだって多いんだし)。

ただ考えてみると昔と比べるとデジタルカメラや携帯電話の普及でだれでも気軽に写真撮影、といったことができるようになったことに比例してこういった問題が多くなってきているような気もするんですよね。今はどうなっているのか知りませんが(なんせ管理人の使っている携帯は6年近く前に買ったもの)、携帯電話のカメラ機能でシャッター音が消せないのはそういった盗撮行為を防ぐためだとかいう話ですからね。
まあ、とにかくブログの「炎上」が起こる原因というのは正直言って「これだ!」と一言で言えるようなものではなくていろいろと原因があると思うんですよ。とはいえ「火のないところに煙は立たず」と言いますから炎上を起こした本人にも全く原因がないわけではないと思いますし…。

まあ、とにかくこういった「炎上」が起こらないようにするために管理人もこれからも気を付けて不用意なことはしないようにブログやHPを運営していかなければいけませんね。


ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)
筑摩書房
荻上 チキ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック