管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まだまだ根は深そうで…

<<   作成日時 : 2010/04/18 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国とパクリ、というと3年前に国営の「石景山遊楽園」ディズニーランドをパクった、と言われ、アメリカのウォルト・ディズニー・カンパニーが北京市に告発する、という事態が起こったことは記憶に新しいですが、今度は開幕目前に迫った上海万博でこんな騒動が持ち上がったようで…

「岡本真夜さんの曲盗作?…上海万博PR曲」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100418-OYT1T00558.htm

はっきり言うと盗作だ何だという問題は洋の東西を問わずいつの世でもあるものなのですが(少し調べればわかると思いますが)、このブログではそっちの問題に関してはあまり深く突っ込みませんが(中には言いがかりとしかいえないものまであって、盗作とは云々という問題は管理人の手に余るし)、この問題でひとつ思ったのは「どうもこの手の問題というのは中国では根が深いのではないか?」というものなんですよね。

中国はここ数年目覚しい発展を遂げている、というのはおそらく世界中が認めることだと思うのですが、どうもそっちの成長と比べると民族の意識というかなんと言うか、まあとにかくそういったものの成長が遅れているのではないか、という気がするんですよね。
何も今回の騒動や「パクリーランド」以前にもこういった中国産のパクリ商品やら偽ブランドというのは問題になっていたことですし、中国政府だってこれまでも手をこまねいているばかりではなく、何度も対策を講じてきたはずなんですがねえ。それでもこういったパクリ騒動が後を絶たない、というのはそれだけ人民に対する「パクリ」という意識が低いのではないか、という気がするのですが(まあ、万国著作権条約に加盟するのもだいぶ遅かった、という話を聞くし)。いくら北京五輪や今回の上海万博を開催して世界に中国をアピールしてもその一方でこういった問題やチベット問題といった民族間の問題が何一つ解決されないようでは、中国はますます国際社会から信用を失っていくような気がするのですが。

まあ、とにかく今回の問題に思わぬ形で巻き込まれたシンガー・ソングライターの岡本真夜さんにはお気の毒さま、としかいいようがありませんし、万人が納得できるような解決をして無事に上海万博が開催されることを祈りたいですね。


そのままの君でいて
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2005-11-09
岡本真夜

ユーザレビュー:
もっと素直に。励まし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだまだ根は深そうで… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる