7年ぶりの復活。

9月まで月曜夜7時に放送していたアニメ「結界師」が視聴率の不振から深夜枠に移動となりましたが、このことは製作の読売テレビとしても急だったようで、なんと後番組が決まっていない、と言う異常事態だったようですね(まあ、後番組として30年ぶりのリメイク、という「ヤッターマン」が決まったようだけど、それの放送開始も来年の1月からだし)。
で、その間の3ヶ月間何をやるのか、と思ってたんですが、「コナン」を暫定的に1時間放送する他に、1997年4月~2000年9月まで放送していたアニメ版「金田一少年の事件簿」を11月12日と19日にSP番組として放送することが決まったようです。

今回は12日が「オペラ座館・最後の殺人」(と言うことは原作の「第三の殺人がベースか)、19日が「吸血鬼伝説殺人事件」を放送するそうですが、金田一のアニメといったら3~5週かけて一つの事件を扱っていましたからねえ(例外的に1週や2週の話もあったけど)。
ましてや「吸血鬼伝説」は去年の亀梨和也主演のドラマが2時間半かけてましたから(但し、ドラマオリジナルの展開としてもう一人犠牲者を増やしたけど)。放送時間が60分となると随分と駆け足の展開になってしまうような気もするんですが。管理人、個人的にはどちらかの事件ひとつに絞って、前後編の2週に分けて放送したほう(そうすれば放送枠が2時間あるのと一緒だし)がよかったのではないかと思うのですが…。

とは言え、はじめや美雪といったキャストは7年前と同じと言うことだし、考えてみれば7年間1度もスペシャル番組で復活しなかった、と言うのもある意味不思議な感じもしますが(フジテレビの話だけど「こち亀」はレギュラー終了後もちょくちょくスペシャルでやってるし)、これがきっかけとなって「ルパン三世」のように毎年スペシャル番組が作られるようになったらいいな、と個人的に思います。
いろんな意味で今度のSPが楽しみですね。

金田一少年の事件簿―吸血鬼伝説殺人事件

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック