放送間近ということで。

来週火曜日、すなわち1月31日とその次の週、2月7日の2回に渡って日本テレビ系列で「戦国自衛隊・関ヶ原の戦い」というドラマが放送されます。
ストーリーは演習に向かっていた自衛隊員26名が突如、西暦1600年の関ヶ原の戦い直前にタイムスリップしてしまい、関ヶ原の戦いに巻き込まれていく…、というストーリーなんですが。

これまで1979年と去年(2005年)に2回映画化されていますが、今回初めてのドラマ化(しかも東映が製作するのは初めて。映画版は角川映画製作の東宝配給だしね)ということで注目されているようですが、今回の話は小説版「続・戦国自衛隊」をベースとしているみたいですね。
とはいえ、製作者が「劇場版第1作で千葉真一氏が演じた伊庭義明のキャラを今回のドラマでは反町隆史演じる伊庭明義と渡部篤郎演じる嶋村拓也の二人に分けた」と言ってますから、第1作の要素も入っているようだし(キャッチフレーズも'79年版のそれと同じ「歴史は俺たちに何をさせようとしているのか」だしねえ…)、ややネタバレになりますけど、自衛隊員VS自衛隊員というのは「戦国自衛隊1549」にあったから、その辺の要素も取り入れてるんでしょうね。

劇場版第1作を観たことのある人なら解るとおり、アレの伊庭義明は前半と後半でキャラがガラリと変わってますから(とはいえ79年版は「戦国自衛隊」というタイトルと自衛隊員が戦国時代にタイムスリップする、という設定だけ一緒でストーリーはまったくと言っていいほど小説版とは違う作品だからねえ)、果たしてそれを二人に分けた事がどういう結果となるか気になりますね。

29日には事前番組も放送するようだし、どういう話になるか今から楽しみですね。

戦国自衛隊
戦国自衛隊 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック