12月14日と言う事で…

今日は12月14日。赤穂浪士が吉良邸に討ち入りをした日です。
(実際には旧暦、すなわち太陰暦の12月14日だから、現在の暦に直すと1月の終わりごろらしいが)
討ち入りから303年経った今でも忠臣蔵、と言うのは根強い人気があるようで、実は管理人も10月から先日まで3ヶ月かけて「忠臣蔵」の映画のDVDを9本見たわけですが、まあ、9本見た感想と言うのは「随分と話も変わったんだな…」と言う事でした。

管理人が一番最初に見た昭和31年の東映版「赤穂浪士」は赤穂浪士は善玉、吉良上野介は悪玉、という「いかにも」な作品だったんですが、一番最後に見た「四十七人の刺客」だと刃傷の原因は最後まで不明とし、吉良側のいわば参謀格である中井貴一演じる色部又四郎と高倉健演じる大石内蔵助との駆け引きを中心とした情報戦、と言った趣きがして随分と違うんだな、と言う気がしましたが…。
まあ、忠臣蔵と言うのはそれこそ討ち入りの翌年から芝居になるほどの人気だし、これまで幾度となく映画やドラマ化されているから、今までとは違ったものを見せようと言うスタッフの苦労があるんでしょうが…。

忠臣蔵に限ったことではないですけど、昔の有名な作品をリメイクする、となったらどうしても昔の作品と比べられてしまうのですから、スタッフは昔からのファンも新しいファンも納得できるような、上手なリメイクをして欲しいですね…、ってDVD「Shall we Dance?」の時にも言った様な気がしますが(笑)。
四十七人の刺客 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック