管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 未然に防げなかったのかね?

<<   作成日時 : 2018/06/07 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

管理人、最近はあまり利用していませんが、ネット小説投稿サイトとしては最大手と言っていいであろう「小説家になろう」というのがあって、そこで小説を発表したところそれが話題となって書籍化や映像化された小説というのがこれまでにもいくつもありますが(例えば「君の膵臓をたべたい」)、その「小説家になろう」から出た作品の一つにちょっと問題が起きたようで。

「声優キャストが続々降板 今秋アニメ化のラノベ、作者のヘイトスピーチが炎上、謝罪へ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000008-reallive-ent
「主要キャスト降板アニメ『二度目の人生を異世界で』製作中止」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00000371-oric-ent

この作品のアニメ化決定が報じられたのが5月22日で主要キャストが降板発表→制作中止が決まったのが昨日(6月6日)ですからわずか2週間ちょっとで事態が急変する、というのもなんだかという気もしますが、勿論この作品はすでにホビージャパンから書籍化(しかも全18巻)していることから考えてもアニメ化そのものは以前から決まっていた(当然声優陣も決定)と思うのですが、アニメ化が決定した後、この作品の作者がかつてTwitterで韓国や中国に対する差別的な発言を繰り返していたことが明らかになり、それが所謂「炎上」状態となって制作中止となったようですが、管理人が思うにすでに18巻も出ているラノベ、という事を考えても作品自体は随分と前から出ていたはずなのになんでここに来て急にこんなことが明らかになったのですかね? それとも以前からこのことは指摘されていたもののアニメ化とかが決定する前だったこともあって単に見過ごされていただけなのでしょうかね?
いずれにせよそれこそアニメ化を企画していた時点(と言ってもいつごろかわからないが)でスタッフの一人でもそのjことに気が付いて「ちょっと問題があるのではないか」とでも指摘していればこのような事態は未然に防げた(それこそアニメ化の企画そのものが発表前に中止となった)かもしれないのですが。

正直言って「なろう」に発表した作者で書籍化なんてのを考えていない人にとっては、過去にTwitterなどでどのような発言をしたか、なんてのは(こういっては何だが)大した問題ではないかもしれませんが、いずれにせよ自分の他人に対する発言というのは責任を持たなければいけないでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
未然に防げなかったのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる