管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これが長寿アニメの問題なんだけれど

<<   作成日時 : 2018/06/01 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンタイムに放送されるアニメが少なくなった今、長いこと金曜日の午後7時からの1時間放送し続けているアニメと言えばテレビ朝日系列で放送中の「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」ですが、その「クレしん」の主人公・野原しんのすけの声を担当している声優の矢島晶子さんが今月29日の放送をもってしんのすけ役を降板することが発表されたそうですね。

「クレヨンしんちゃん声優が降板発表 「しんのすけの声を保ち続けるが難しく…」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000063-dal-ent
「しんちゃん声優降板 昨年4月に苦悩語っていた…独特な発声で声荒れ、他作品断る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000103-spnannex-ent

1968年の放送開始以来スタメンが2人だけとなった「サザエさん」や2005年に声優陣を一新した「ドラえもん」と比べるとあまり目立ちませんが「クレしん」もこれまでにも何人か(管理人が知っているだけでも園長、ぶりぶりざえもん、よしなが先生が変わっているし、ひろし役も一応藤原啓治の代役という形で森川智之がやっている)声優の交代があるのですが、まさか主役が降板とはねえ。
いや、なんだかんだ言ってクレしんも26年アニメをやっていますから(その間に原作者の臼井儀人氏が急死するという事もあったし)それだけ声優も歳を取っているし、彼女が今回降板を決めたのも「声を保ち続けるのが難しい」という事のようですからねえ。人気アニメというのはそれだけ長く続ければ続けるほど声優にとってもある意味負担となるのでしょうし、そらがある意味長寿アニメの問題という事になるのかもしれませんが(「ゲゲゲの鬼太郎」みたいに一度放送を終了したら一部設定を変えて声優陣一新で行う、というのも難しいだろうし)。

で、7月以降のしんのすけ役は現在調整中という事のようですが、もう13年も経っていると言うのにいまだに水田わさび(他)のドラえもんにはなじめない、という声も多いようですし、後任の声優さんはなんだかんだ言ってもどうしても矢島晶子さんと比べられてしまうのは仕方がない部分だとは思いますが、そういったプレッシャーに負けずに新しいしんのすけ像を作ってほしいし、ファンとしても納得のできる声優を選んでほしいと思いますが。


映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016
バンダイビジュアル
2017-04-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 映画 クレヨンしんちゃん DVD-BOX 1993-2016 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これが長寿アニメの問題なんだけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる