管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS ここの所相次いでいるような

<<   作成日時 : 2018/02/05 19:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年の11月の末から年をまたいでここまでなんだかタレントやスポーツ選手の訃報が相次いでいるような気がしますが、昨日も漫才トリオ「レツゴー三匹」のレツゴー長作(右のひげ面)が死去した、というニュースがあって(ちなみにレツゴーじゅん氏もすでに鬼籍に入っているため、残るは「三波春夫でございます」でお馴染みのレツゴー正児氏のみだが、本人認知症を患っているらしい)、それからほどなくこの人の訃報も入って来たんですよね。

「有賀さつきさん死去 52歳 女子アナブームの火付け役、フリーアナとしての道も開拓」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000304-oric-ent
「有賀さんの父・洋さん「全くの予想外でした」 死因は「改めて医師に伺おうと」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000144-sph-ent

かつての栄光はどこへやら、今や見る影もなく落ちぶれてしまった感のあるフジテレビですが、1980年代から90年代にかけてはそれこそ民放トップの座をゆるぎないものとしていて、その中から数多くの人気女子アナを輩出していたのですが、その中の1人が彼女だったんですよね。
なんでも旧中山道を「いちにちじゅうやまみち」と読んだ、という伝説があるようですが、これは周りが否定しているようですが(ただし「花咲かばあさん」を「はなさかば、あさん」と所謂「ぎなた読み」をしたのは管理人、昔テレビのNG大賞で見た覚えがある)、逆に言うとそういった伝説を残しているほど人気があったアナウンサーだった、という事になると思うんですよね。

それにしても52歳というのも随分と若い気もしますし(57歳で急死した声優の鶴ひろみさんより若い)、死因がよくわかっていない、というのもねえ。いや、本人が何やら闘病生活を送っていた、というのは判っていたようですが、本人それを口に出していなかったそうなので、推測によるしかないのですが「みるみる内に痩せて行った」という事から考えるとガンだったのではないか、と思うんですよね。

まあ、いずれにせよ1980〜90年代を代表する女子アナウンサーだったことは間違いがない人物ですし、こうして管理人も知っている人物が亡くなる、というのは本当に寂しいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ここの所相次いでいるような 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる