管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は日本中が大騒ぎのような。

<<   作成日時 : 2018/02/17 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「羽生」と書いて「はにゅう」と読むか「はぶ」と読むかで記事が違ってくるのですが(笑)、今日は二人の「羽生」がかかわるニュースがあって日本中が大騒ぎになったようですね。

「羽生が勝ち、羽生が負けた…にネット「ややこしい」の声続出」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000092-dal-ent
「羽生結弦連覇、宇野昌磨は銀…初のダブル表彰台」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2018/figure-skating/20180217-OYT1T50033.html
「藤井聡太五段が公式戦最年少優勝…六段に昇段」
www.yomiuri.co.jp/culture/20180217-OYT1T50073.html

まあ何と言っても平昌五輪の羽生結弦選手の金、宇野昌磨選手の銀という快挙ですが、66年振りという男子フィギュアの連覇(ちなみに女子は1984・88年にカタリナ・ビットがやっている)、冬季五輪1000個目の金、表彰台を独占した1972年札幌大会70m級ジャンプ(今のノーマルヒル)以来という日本代表の表彰台1・2位、そして海外冬季五輪で日本代表が獲得したメダルが9個の新記録(あと1個で1998年長野五輪と並ぶ10個)という記録づくめでもあるんですよね。昨年1月に足を負傷して以来実戦から遠ざかっていた羽生sねしゅがどれだけやれるかと思っていたのですが、しっかりと仕上げてきたし、宇野選手の方も最初に転倒した時は「こりゃヤバイ」と思ったのですが、本人もそれで開き直れたか、結果SPから順位を一つ上げたのですから二人とも立派ですよね。ここに来て日本代表も勢いが付き始めたようですから残り8日間でできるだけ活躍してほしいですね。

で、もう一人の「羽生」の方は将棋の藤井聡太五段が朝日杯将棋オープン戦で優勝した、という事なのですが、実は午前中に行われた準決勝の相手が羽生善治永世七冠だったんですよね。非公式では2回戦って1勝1敗という成績のようですが、公式戦で初対局となって藤井五段が勝ち、その勢いのまま優勝して五段昇格からわずか16日で6段になったというのですから、こっちも凄いことをやってのけたんですよね。こっちもどれだけ活躍できるか楽しみですが。

まあ、それにしても明日の新聞は話題が多くて大変ですな(笑×2)。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は日本中が大騒ぎのような。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる