管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当にアメリカというのは

<<   作成日時 : 2018/02/15 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

よくアメリカは銃社会と言われていてなかなか銃規制が進まないのも「自分の身は自分で守る」という考えが徹底しているからだ、と言いますが、その分銃乱射事件というのがいつ起こってもおかしくないわけで、しかもそれが高校で、となると何とも言えないものですが…

「米の高校で銃撃、17人死亡…退学の男を拘束」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180215-OYT1T50001.html
「バレンタインデー暗転、「廊下を走って逃げた」」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20180215-OYT1T50043.html

いや、記事でしかわからないのですが、この19歳の容疑者が持っていた銃というのはAR15という殺傷能力が高い小銃という事ですのでもしかしたら軍などで使うアサルトライフルみたいなもの(ちなみに漫画「ゴルゴ13」のゴルゴ13=デューク東郷が使っているのもM16というアサルトライフル)なのかな、と思いますが、そんなものを何で容疑者が持っていたのか、というのも気になりますし、そんな銃を持ち出した、という事は最初から殺傷を目的としていたのかな、という気もしますが。

それにしても今回の事件、動機ももちろんですが(管理人の勝手な想像だが、もしかしたらかつて退学処分を食らっていた、という事でその辺の怨恨があるのか、という気がするが)、なんか事件が起きた日というのは現場である高校で火災を想定した避難訓練が行われていた(この辺は洋の東西を問わず行われているようだが)、という事で事件発生時に警報が鳴った時も「まだ訓練が行われているのか」と思った生徒がいた、という話ですから、もしかしたらそれを利用したのかな、という気もするんですよね。上にも書いた通り殺傷能力の高い銃を乱射したことと言い、避難訓練が行われた日に凶行に及んだことといい、計画的犯行だったのかな、という気もするのですが。

まあ、いずれにせよ今後は現地の警察が犯行の動機などを調べることになると思いますが、本当にこういった銃乱射事件というのは日本じゃまず考えられないことですからね。アメリカの銃社会というのは我々日本人が考えている以上に闇が深いものなのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当にアメリカというのは 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる