管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本でも定着するのかね?

<<   作成日時 : 2018/02/11 19:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんか最近よく「eスポーツ」という言葉を聞きますが、要はTVゲームを使った大会をスポーツととらえる、と言ったようなもので、なんでも将来はオリンピックの正式種目化を目指しているという話も聞きますが、このeスポーツ、海外ではすでにいくつもの大会も開かれていてメジャー化しているようですが、日本ではなかなか普及していないのが現状で、KADOKAWAや(ニコ動の)ドワンゴが中心となって開催されている「闘会議2018」においてこんなことをやったようですね。

「日本eスポーツ連合、「闘会議 2018」でプロライセンス発行の意義を改めて説明」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000021-impress-game
「スポーツの発展のためには、プレイヤーのエコシステムの改革が必要。IeSF レオポルド・チャン氏にインタビュー【闘会議2018】」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000009-famitsu-game
「イギリスのeスポーツ団体eGamesのキーパーソンに聞く、「eスポーツさらなる普及のためには教育がカギを握る」【闘会議2018】」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000018-famitsu-game

なんか2月1日から日本eスポーツ連合(JeSU)という団体が発足した、という話で、プロライセンスの発行なども行う、という事のようですが、外国でやっているからと言って日本でもうまくいくかどうかちょっと気になりますよね。

いや、確かに世界を席巻しているゲーム機と言ったら任天堂やSCEIと言った日本の企業のゲーム機ですけれど、日本ではTVゲーム自体まだまだユーザーは子供が中心、というイメージを持っていると思いますしゲームをスポーツととらえてそれで金を稼ぐ、と言われてもピンとこない人も多いのではないか、と思うんですよね。
それにゲームに夢中になる余りにいろいろな弊害が出ているのも事実ですし、そういったこともあってまだまだ偏見を持っている人物も多いのではないか、と思うんですよね。やはりそういった人たちをどうやって納得させていくか、というのがこれから大切になるのではないか、と思いますが。

まあ、まだ日本では始まったばかりですし、果たしてeスポーツが一つの文化として日本に根付くかどうかも分かりませんが、ゲーム機業界にとってもある意味注目していく必要があるでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本でも定着するのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる