管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS どういう試合になるんだか

<<   作成日時 : 2018/01/05 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、13度目の防衛戦で敗れてしまい、5年9か月保持していたWBC世界バンタム級を手放す結果になった山中慎介選手ですが、その後、対戦相手のルイス・ネリ選手がドーピング検査で陽性反応を示していたことが発覚して、いったいどうなるかと思われていた王座ですが、結局3月1日にこの二人が再戦を行う事になったようですね。

「山中慎介、3月にWBC世界バンタム級王座挑戦「ネリに借りを返したい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000103-sph-fight
「山中慎介、TKO負け喫したネリと再戦決定「借りを返したい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000090-dal-fight

ボクシングの世界戦後、その同じ相手と再戦、と言うと最近の例で言うとその判定が物議を醸しだした村田諒太選手とエンダム選手のそれがありますけれど、この試合もどうなるか注目されていた試合ですよね。
結局、「意図的に禁止薬物を取ったものではない」という事で再戦、という事になったようですが、一時は引退を噂された山中選手ですが本当に再戦は大丈夫なのかな、という気もしますが。

いや、勿論5年9か月タイトルを保持していたという事は実力があるのは間違いがないと思うのですが、村田選手の場合は最初の試合も終始優勢だったのに結局は判定に泣かされ、再戦ではTKOという形でケリをつけましたが、山中選手の場合はTKOで敗れているという結果ですからね。もちろん一度負けている相手ともう一度行うのですから相手の出方も分かるとは思うのですが相手だって十分に研究はしていると思いますし、何よりも35歳という年齢を考えると最初にタイトルを奪取したころと比べると年齢による衰えもあると思いますからねえ。いや、場合によっては無理にKOを狙わず、テクニックで終始押して判定勝ちを狙う、という戦法を取ることも考えられますが、そういう戦い方が果たして有効なのか、といわれるとねえ。

もちろん管理人だって山中選手には王座に返り咲いてもらいたい、とは思いますが、もしこの一戦に負けたら今度こそ本当に進退を考えなければいけないような気もしますし、いずれにせよ今は3月1日の事だけを考えてほしいと思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どういう試合になるんだか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる