管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まあ、止めはしないけれど

<<   作成日時 : 2018/01/02 19:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大みそかの「朝青龍を押しだしたら1000万円」に引き続き。昨日は「亀田大毅に勝ったら1000万円」という企画を放送したAbemaTVですが、まあ、管理人の予想通りというかなんというか結局勝てた人物は一人もいなかったようで。そもそも大相撲で横綱まで行った人物や世界チャンピオンになったボクサー相手に練習時間が十分にとれもしないのに勝てるはずがないと思っていましたから、AbemaTVも今後こういった企画をやる際にはもう少し時間を取るべきではないか、と思いますが、それはそうと昨日のその番組内で亀田大毅の兄である亀田興毅がこんな宣言をしたようですね。

「亀田興毅氏が現役復帰の意向「やり残したことがある」引退から2年3カ月」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000005-dal-fight
「亀田興毅氏が現役復帰を宣言、インターネットテレビで明言」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000239-sph-fight

4階級制覇を目指してアメリカで当時の王者であった河野公平選手に判定で敗れ、引退を表明してから2年3か月。これは管理人の想像ですが、以前やった「亀田興毅に勝ったら1000万円」やその昨日行われた「大毅に勝ったら」を見てリングに対する情熱がまた出てきたのではないか、と思いますが、でも復帰したとしてもまた以前のようなファイトができるのかいな、とう気もするんですよね。

いや、これは現役時代の世界チャンピオンになった経緯云々は考えなくてもまず31歳という年齢はボクサーの中でもお世辞にも若いとは言えない年齢ですし、2年3か月もリングから離れていたら(AbemaTVのそれはあくまでもエキジビションみたいなものだし)試合勘を取り戻すのだってそれなりに時間がかかると思いますし、何と言っても現役復帰したからと言ってすぐに世界タイトル挑戦、というわけにもいかないでしょう。そうなると仮に今年復帰したとしても、世界戦に挑むまでには何試合かやって世界ランクを上げなければいけないし、やはり2年の間にプロボクシング界だって新しい選手が次々と出てきているはずですからね。

まあ、本人が復帰するという事に関しては別に管理人は止めませんけれど、復帰するにはそれ相応の覚悟をもってほしい、とは思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあ、止めはしないけれど 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる