管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐るべき45歳。

<<   作成日時 : 2018/01/11 20:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開幕まであと1か月を切った平昌五輪ですが、なんだか昨今の日韓関係がまた悪化しているのを顧みてか安倍首相が開会式への出席を取りやめた、という報道があったようですが、正直言って韓国がああいう態度をとっているのはいつものことですし、結局損をするのは自分たち、という事をわかっていないようですね。それに開会式当日は暖房設備も整っていないような寒いスタジアムでやるというのですから、わざわざ韓国まで行って風邪ひいて帰ってもらっても困るので賢明ではないか、と思いますが。

で、話は五輪に戻りますが、(どのスポーツでもそうだが)30代後半あたりからどうしても体力が衰えを見せ始めるものですから、そうなると他の選手と同じくらいとの自分との戦いになると思いますし、それこそ40を過ぎても現役を続けている選手がいると「鉄人」「レジェンド」なんて呼ばれるものですが、日本のみならず世界でもスキージャンプ界のレジェンドとして知られている葛西紀明選手が自身8度目となる平昌五輪の代表に決定したそうですね。

「葛西紀明が8度目五輪「メダル獲得を目指す」スキージャンプ陣の平昌五輪代表発表」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000104-dal-spo

まだ内定という事のようですが、開幕まで1か月切っている現在ほとんど決定と言っていいと思いますが、それにしても一口に8回と言いますけど1992年のアルベールビル大会で初出場して以来94年リレハンメル→98年長野→2002年ソルトレークシティ→06年トリノ→10年バンクーバー→14年ソチときて今年ですから、何と26年もの間代表として出場しているんですからねえ。今年45歳になるというのにいまだに第一線で活躍しているのですから葛西選手はいったいどんなトレーニングを積んできているのか、という気にもなってきますね。しかも本人他の記事だと「10回出場を目指す」と言っているそうだし(ちなみに札幌市が招致を目指している2026年大会がその「10回目」。その時には葛西選手はナント53歳)、さらには今回(リレハンメルジャンプ団体以来の)メダルを目指すと言っているのですからまだまだ現役を続けていくという事なのでしょうか?

まあ、いずれにせよある意味世界中から注目されているであろうレジェンドが平昌でどんなジャンプを見せるか注目でしょうね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐るべき45歳。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる