管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮に移籍したとしても

<<   作成日時 : 2017/12/18 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のブログでカブスからFAとなった上原投手が「もしメジャー契約を勝ち取れなかったら引退する」と発言したことについて書きましたが、そういえばこの人もまだ行き先が決まっていなかった、という事を思い出しまして。

「ホークス退団の松坂大輔、台湾球団との契約を模索か 地元紙が報じる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171217-00098468-fullcount-base
「松坂大輔に台湾移籍の可能性浮上、現地反応は「歓迎派」「否定派」で二分
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171218-00098624-fullcount-base

ソフトバンクにいた3年間で結局1試合しか1軍で投げず、リハビリ担当コーチとしてリハビリを続けながら復帰を目指す、という案も断って結局ソフトバンクを退団することになった松坂投手に台湾プロ野球の統一セブンイレブンライオンズが接触した、という報道が現地であったそうですが(松坂本人は否定している、という報道もあるようだが)、なんか阪神や中日も獲得を検討したものの結局見送ったとか言われているようだし、いったいどうなってるんですかね?

それにもし仮にですけれど、確かに松坂投手が台湾球団に入ったとしたらそれは話題にはなると思いますが、だからと言って投げられる、という保証はどこにもないような気もするのですが。
それに今年、四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団したことで話題になったマニー・ラミレス選手が2013年に台湾の義大ライノス(現・富邦ガーディアンズ)に入団しましたが、結局3か月で退団してアメリカに戻った、という事があったように、台湾だろうがどこだろうがとにかく一生懸命にやっていこう、という気持ちがなければどこでやっても同じだろうし、結局の所3年間で1試合しか投げず、来年以降も果たして1軍で投げられるかどうかわからないから、NPBやMLBのどこの球団も獲得に乗り出さないのではないか、と管理人は思うのですが。

まあいずれにせよ今だに去就がはっきりしていませんし、仮にどこの球団に行くとしてももう37歳という年齢を考えると相当トレーニングを積まないと結局はこのまま1軍で投げることなくひっそりと引退、なんてことにもなってしまうと管理人は思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮に移籍したとしても 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる