管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんか今年は多い気がするのだが。

<<   作成日時 : 2017/11/09 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

プロ野球もシーズンが終わるといよいよ契約更改や選手の移籍、トレードといった話が出てきますが、NPBでは2017年現在の規定では1軍登録の年数が7年(1年145日として1015日)で国内の、9年(1305日)で海外のフリーエージェント(FA)の資格を得ることができ、そのFA権を行使した選手は4年後に再取得できる、というルールになっているのですが(MLB移籍が確実視されている日本ハムの大谷翔平投手は資格を持っていないため、ポスティング移籍となるのはそのため)、なんか阪神の大和選手や日本ハムの大野選手、ロッテの涌井投手がすでに行使を表明し、西武のおかわり君こと中村選手や炭谷選手も行使するのではないか、と言われているようですね。

「【オリックス】FA行使、阪神・大和の獲得へ本腰 3年3億円」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000041-sph-base
「千葉ロッテ涌井秀章投手 来期メジャー挑戦へ「新たな可能性を探してみたい」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00010000-chibatele-spo
「日ハム大野、FA権行使を決断した理由 一問一答「本当に悩んでいます」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00092246-fullcount-base

他にもソフトバンクの鶴岡選手がFA権を行使したと言いますし、なんか今シーズンはFA宣言する選手が多いな、という気もしますが(ちなみに涌井投手は西武→ロッテに移籍した時もFA移籍なので2度目)、大和選手に関しては阪神も引き留めにかかっていると言いますし、横浜DeNAも獲得に乗り出していると言いますが、FAの選手を獲得した球団は(そのFA宣言した選手のランクによって)金銭補償なり人的補償なりをしなければいけないですからね。ですからオリックスにせよDeNAにせよ補償をしなければいけないし、涌井投手の場合はMLB挑戦を表明していますから、海外球団では何ももらえませんからね。ですから球団としても戦力をダウンさせかねないことですから、補償に関してもよく考えなければいけないのではないか、と思いますが。
確か巨人が村田修一選手を自由契約にしたのは「他球団にとっても獲得しやすくなるはず」という事だという話だそうですが、それだけFA選手の獲得というのは大変なものだし、果たして獲得先の球団で活躍できるかどうかも分かりませんからね。
いずれにせよ、これらの選手がどこに行くのか注目してみたいと思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんか今年は多い気がするのだが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる