管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まあ、こういうときもあるわな

<<   作成日時 : 2017/09/02 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デビュー戦から公式戦29連勝という新記録を打ち立てた将棋の藤井聡太四段ですが、30戦目で初めての敗戦を期してからというもの、所謂「藤井フィーバー」も少し落ち着いたかな、という気もするのですが、それでも今でも将棋界で話題となっている人物であることは間違いがないと思うのですが、今日の対局でこんなことがあったようですね。

「初の連敗喫した藤井四段 1分将棋で逆転負けにガックリ「しっかり受け止める」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00000087-sph-soci

公式戦で初めて連敗を期した、という事のようですが、今日で43戦目で通算38勝5敗という事は30戦目で敗れた後の成績は今日までで9勝4敗という事になりますから29連勝していた頃と比べると確かに勝てなくなってきたのかな、という気もしますが、まあ、はっきり言ってこういったこともあると思うんですよね。

今日の対局の相手は昨年の同じ大会の優勝者だという話ですし、やはり藤井四段の事は将棋の指し方とか戦法というものを研究しているでしょうから、そう簡単に勝てる相手ではないでしょうし、繰り返すようですが30戦目で初めて負けた後の成績が9勝4敗、となかなか勝てなくなってきている(まあ、それでも勝率が7割近いんだから凄いと言えばすごいんだが)ことから考えてもどの相手も藤井四段の戦法がわかってきた、という事なのかもしれませんが。

とはいえまだ15歳ですからね。これからも伸びる余地があると思いますし、なんでも明日の(NHKEテレで昼に放送している)NHK杯トーナメントの対局が生放送という話ですからそれだけ将棋界も期待している存在であることは間違いがないと思いますしね。まあ、対戦相手が十八世永世名人(名人位を5期以上保持することで有資格者となる)の資格を持っている森内俊之九段ですから、もしかしたら公式戦3連敗、という事も考えられますが、それだけの人物との対戦となると勝ち負けにかかわらずいろいろと勉強することも多いのではないか、と思うのですが。

まあ、いずれにせよ藤井四段だってこれからまだまだ棋士としての人生は始まったばかり(と思う)ですから、公式戦で連敗しようが何しようが「こういうときもあるわな」と思ってあまり気にしないことが大切なのではないか、と管理人は思いますが。


NEW スタディ将棋 (リニューアル)
くもん出版
2009-06-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by NEW スタディ将棋 (リニューアル) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まあ、こういうときもあるわな 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる