管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS この歳になるとねえ

<<   作成日時 : 2017/08/09 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近ドジャースに移籍したダルビッシュ投手の事ばかり話題になっているようですが(苦笑)、MLBでは日本人選手が何人も活躍していますが、そんな中シカゴ・カブスの上原投手がこんなことになったようで。

「【MLB】上原浩治、わずか6球で緊急降板 トレーナーに付き添われてマウンド降りる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010015-fullcount-base
「【MLB】わずか6球で緊急降板の上原浩治は「首の張り」 米メディアが伝える」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010017-fullcount-base

2‐4とリードされた7回の裏に2番手として登板したものの、最初の打者に3ボール1ストライクから結局四球を与え、次の打者に初球をセンター前に持っていかれた時点で結局降板(その後の打者が上原投手の出したランナーを返したため自責点1が付いた)となってしまったことに「何があったんだ」と思ったファンもいたようですが、結局は首の張りがあったという事のようですが、ただその首の張りがブルペンにいた時点からあったのか、あるいはマウンドに上がって突発的に発生したのかちょっとわかりませんが、ただいずれにせよ首を痛めたとなるとちょっと心配ですし、場合によっては最短15日(だったっけ?)の故障者リストに入る可能性もあるのではないか、と思いますが。

それにして上原投手ももう42歳というのも驚きましたね。いや、42歳というとイチロー選手もそうですけれど、日本とアメリカ両方で活躍した彼らももうそんな歳なのか、と思うともうそれ位の歳になるとあまり無理もできないのかな、という気もするんですよね。
上原投手だってイチロー選手だってもうフルイニング出場というのも出来なくなっていると思いますし、いくらチームの主力として活躍した選手でも思った通りの活躍ができなければ遠慮なくクビを切るのもまたアメリカですからね。おそらく二人だってあと何年も自分たちが活躍はできない、と思っているだろうし、場合によっては今シーズンが終わったら結局引退、という可能性だってあるわけですからね。
ですから上原投手もできる限り早く首を治して戦線に復帰してほしい(しかも中継ぎだからいつ投げる時が来るのかわからないんだし)と思いますし、その一方で年齢を考えるとあまり無理もできないのかな、という気もしますので、とにかく体だけは大事にしてほしいと思います。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この歳になるとねえ 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる