管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は完全決着となるか

<<   作成日時 : 2017/08/03 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去る5月20日に行われたWBA世界ミドル級王座決定戦で不可解な判定負けを喫したロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手ですが、その判定を巡ってそれこそ試合直後から物議を醸しだし、WBAの会長もTwitterで自身のジャッジペーパーを公表し「村田の勝ち」とした上で直ちにダイレクトリマッチ(他の対戦を行わずにもう一度試合を行う)を指示する、という異例の事態となりましたが、その再戦が10月22日に行われることが決定したようですね。

「【ボクシング】村田vsエンダムの再戦が決定、完全決着へ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000005-gbr-fight
「村田諒太が10・22両国でエンダムと再戦!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000005-wordleafs-fight

なんか前回の試合は村田選手がエンダム選手をKO寸前まで追い詰めたというのになぜか判定が2−1でエンダム選手の勝ち、となったことが問題となり、WBAもエンダム選手の勝ちとしたジャッジ2名を6か月間の資格停止とした上での再戦となったようですが、個人的にはWBAの会長が試合直後にダイレクトリマッチを指示したという事はそれまでの間は王座はWBA本部に一時預かりとしたうえで改めて10月に王座決定戦を行うべきだったのではないか、と思いますが、まあいずれにせよ今度こそ完全決着が望まれますが、同じ相手ももう一度戦う、となるといろいろと大変でしょうね。

いや、これがもしプロレスだったら「判定決着無し、相手をKOするまでのラウンド無制限完全決着ルール」なんてデスマッチルールを採用するところですが、ボクシングでは採用されるのはWBAルールですからね。それにやはりファンが期待するのはもちろん王座奪取ですが、エンダム選手を完全にKOするシーンも見てみたいのではないか、という気もするのですが。
まあ今回のジャッジやレフェリーはおそらく村田選手の所属するアジアやエンダム選手(フランス)の所属するヨーロッパ以外の地区の人物を呼ぶと思いますが、いずれにせよあとちょっとというところで逃した王座を今度こそ獲得してほしいと思いますし、WBAも「特別ルール」としてWBCみたいに4ラウンドごとのジャッジの採点を発表する、くらいのことをしてもいいかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は完全決着となるか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる