管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤井英和も辞めなければよかったのに。

<<   作成日時 : 2017/08/02 19:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1か月ほど前に近畿大学のボクシング部でロンドン五輪にも出場経験のある監督(他の記事だと名前も分かっているが今回はあえて匿名、ということで)が女子部員にセクハラ行為をやった、というニュースがあったそうですが、その監督を本日、近畿大学が解雇処分としたそうですね。

「近大ボクシング部監督、セクハラで諭旨解雇」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170802-OYT1T50096.html

まあ、すでに日本ボクシング連盟がこの監督に対し除名処分を下している、という事ですから今更さらに重い処分を下しても意味がないと思ったのかどうか知りませんが、いずれにせよなんだかこの監督はセクハラの他にもパワハラをやっていた、という話のようですからね。正直言って今回のようなことが他の大学でも起きているのかどうかわかりませんが、もしかしたら、ですが今回の一件が引き金となって芋蔓式に次から次へと明らか内なる、なんてことはないでしょうね?

ところで、ですが、この近畿大学のボクシング部というのはタレントの赤井英和が大学時代に所属していた部だそうですね。確かプロボクサーとしてデビューしたものの選手生命どころか、それこそ生命そのものが危ない位の大けがを負って結局タレントに転向した、という話はよく聞きますが、その近大ボクシング部、2009年に一度当時の部員が強盗事件を起こして廃部になり、3年後赤井氏が総監督となって復活したのち、2015年に赤井氏の退任後、監督となったのが今回の問題を起こした監督という事なんですが、正直言ってこういったことがわかっていたら赤井英和本人も総監督をやめなければよかった、と思っているのではないか、という気もするのですがねえ。
いや、勿論、この監督の方針と赤井氏の方針が対立することだってあったかもしれませんし、「あんなタレントが…」と思われることもあるかもしれませんが、ただ体育会系の特徴として上下関係が厳しい、というのもありますからね。ですから場合によっては相手が折れる、という事の可能性もあったはずですしね。

まあ、いずれにせよ5年かけてここまで復活してきたのにまたそれに冷水を浴びせるようなことがあったのだけは確かだし、こういったことはあってはならないことだけは変わりがありませんが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
赤井英和も辞めなければよかったのに。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる