管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こっちの変更はどうだろうか?

<<   作成日時 : 2017/03/04 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のブログでは野球の「投げないで敬遠四球」についていろいろと書きましたが、サッカーの方も例えばオフサイドを無くすとか前後半制を4Q制にする、と言ったようなことが検討されているようですが、その中の一つでこんなルールを検討しているようですね。

「先攻有利のPK戦に大改革? “テニス方式“の導入視野にテスト実施へ」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00010011-footballc-socc

今のサッカーのPKルールというのはトーナメント戦で時間内に決着がつかなかった場合先攻後攻をコイントスで決めて、まず5人ずつが交替でPKを行い(5人行かなくても例えば先攻が3人連続で決めて、後攻が3人全員外して追いつけなくなったらその時点で終了)、それでも決着がつかなかったら決着がつくまで行う、というルールになっていますが、なんか記事によるとこの場合だと先攻チームの勝率が60%という数字が出ているようですね。まあ、後攻のチームは追いつかなければいけない、というプレッシャーが先攻チームよりあるかもしれませんが、それをテニスのタイブレーク(ゲームが6−6になった場合、12ポイント制の決着戦を行い、7ポイント取るか、それでも決着がつかない場合2ポイント差をつけた時点で終了)に似たやり方に変えるようですね。

まあ、PK戦において先攻チームの勝率60%というのはそんなにないような気がしますが6:4とみれば確かに1.5倍の差は大きいのかもしれませんが、ただ、このシステムを導入した場合、これまで通り、1点差が付いた時点(つまり5人が蹴った場合5−4で決着、と言ったような)で決着となるのか、あるいはテニスのように2点差が付いたら決着となるのかわかりませんし、先攻後攻の決め方もどういう風にするのか(例えば従来のコイントスにするのか、あるいはコイントスを行わないでアウェイチーム先攻で固定するのか、と言ったようなことも分かりませんからね。それにまず下部リーグ(日本で言うならJFLの様なあたりか?)でテストを行ってから実施を行うかどうか決定するようですが、だとしたら仮に採用となっても日本で行うのは早くて2〜3年後、という事になるのかもしれませんね。

まあ、野球にせよサッカーにせよルールを改正することは構いませんが、本当にファンのニーズに合っているのかどうか、そういったことも考えてほしい気もしますが。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こっちの変更はどうだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる