管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 1分や2分短縮した程度じゃ…

<<   作成日時 : 2017/03/03 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前このブログにも書いたと思いますが、MLBで敬遠の意思表示をすれば1球も投げなくとも敬遠となる新ルールを今シーズンから導入することを検討していたようですが、今回そのルールが正式に決定したようですね。

「【MLB】MLBが正式なルール改正を発表。敬遠の省略化、不正投球疑惑のフォームは…」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170303-00010002-baseballc-base
「【MLB】「投げずに敬遠」など新ルール正式決定、2日のオープン戦から導入」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000210-ism-base

ちなみに7日から始まるWBCではこのルールは適用されず、敬遠を行う場合は4球投げなければいけないようですが、ただ例えば明らかに敬遠とわかる行為(例えばキャッチャーが立ち上がった場合)を行った場合はWBC独特のルールである球数制限(1次ラウンド70球まで、2次ラウンド85球まで、決勝ラウンド100球まで。ただし打者との対戦中の場合はその打者との対戦が終わるまで)には数えない、というルールになったようですね。

いや、管理人調べてみてわかったのがソフトボールの国際大会ではすでに導入されているルールらしいんですよね(という事はルール変更が行われない限り2020年東京五輪のソフトはこのルールで行われることになるが)。なんでもMLBのマンフレッド・コミッショナーは「試合の時間短縮」を公約に掲げていて、今回のルール変更もそのひとつ(他にも今回のルール改正ではMLBで導入されているビデオチャレンジの申し入れは30秒以内と言ったようなのもあるらしいが)のようですが、ただ敬遠を申告制にしたところで1分とか2分の短縮になる程度ですから、その程度で試合そのものがスピードアップできるとは思えませんし、いくらベンチが敬遠を指示したとしても投手としては勝負したい、と思う場面が出てきた場合はどうするのか、という気もしてきますが。ですから敬遠する際に球を投げる投げないはその投手の自由にしてもいいのではないか、ともいますし、他の部分で試合時間の短縮ができないかをもっと探るべきではないか、と思うのですが(まあ、他にもいろいろと検討はしているようだが)。

で、MLBが導入した、となると早ければ来年にもNPBも導入するのか(大抵MLBが採用した翌年に新ルールを導入している)、という事になりますが、焦って導入しないでじっくりと検討してほしい気もしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1分や2分短縮した程度じゃ… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる