管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS まだそんな歳だったとはねえ。

<<   作成日時 : 2017/03/16 20:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「渡瀬恒彦さん死去 72歳 所属事務所「最期まで幸せな俳優人生を全う」」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000307-oric-ent
「渡哲也「喪失感」 弟・渡瀬恒彦さん死去に沈痛 余命1年の告知を受けていた…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000313-oric-ent

確かTBSで放送されている「十津川警部シリーズ」が十津川警部:渡瀬恒彦、亀井刑事:伊東四朗から十津川警部:内藤剛志、亀井刑事:石丸謙二郎に交代したのは昨年の秋でしたが、その前からがんにかかっていたことは公表されていましたし、すでにその時点で渡瀬氏が71歳、伊東氏が79歳ということを考えると出演者の高齢化、というのもあったのかもしれませんが、やはり渡瀬氏の負担を考えて降板させていた(TBSはそれが理由ではない、とは言っていたが)、と考えるのが妥当でしょうかね?

まあ、それはとにかくとして3月25・26日には渡瀬氏が出演している(そしてこれが遺作という事になってしまった)、クリスティ原作のスペシャルドラマ「そして誰もいなくなった」がテレビ朝日で放送されますし、なんかご自身が出演しているこれまたテレビ朝日系列のドラマ「警視庁捜査一課9係」(4月から新シリーズが放送されるそうで)の打ち合わせも行っていた(そしてその翌日に体調緒が急変したという話だそうで)、というのですから本人として名犯としても仕事に復帰したかったのかもしれませんね。

まあ、それにしても渡瀬氏の兄と言ったらご存知の通り、俳優の渡哲也氏ですけれど、確か渡氏も結腸だかどこかのがんにかかって手術したことがありますからね。まあ、その後も俳優として活躍されていますが、自分もがんにかかったから闘病の大変さは身に染みてわかっているだろうし、何よりも弟の方が先に逝ってしまう、というのはなんだか複雑な気分であることは間違いがないでしょうしね。なんか「誰か家族の中にがんにかかった人がいるとがんになる確率が高くなる、と言われているようですが、なんだかその言葉が本当なのではないか、という気がしてきますが。

まあ、いずれにせよこういった形で活躍されていた俳優が亡くなる、というのは本当に寂しいものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだそんな歳だったとはねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる