管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS もっとわかりやすくできないのかね?

<<   作成日時 : 2017/03/13 19:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、ヤクルトのバレンティン選手がいるオランダ代表との4時間43分の死闘を制し、2次ラウンドでまずは1勝を挙げた日本代表「侍ジャパン」ですが、今日は試合がなく、明日のキューバ戦に勝てばほぼ4大会連続での決勝ラウンド進出が確実になると思われますが、今回の大会は前回及び前々回で採用されていたダブルイリミネーショントーナメント(2回敗退したらラウンド敗退)ではなく、総当たりリーグ戦という事になっているため、いろいろとルールも複雑になっているようですが、メキシコで行われている1次ラウンドのプールDでこんな問題が起こったようですね。

「【WBC】ベネズエラが急転プレーオフ進出! 失点率のイニング解釈で順位“逆転”」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010021-fullcount-base
「【WBC】メキシコ主砲、急転敗退に大憤慨「なんてダメな大会なんだ!」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00010022-fullcount-base

プールDは前回大会(2013年)準優勝のプエルトリコが3連勝の首位で2次ラウンド進出、残ったイタリア、メキシコ、ベネズエラが1勝2敗で並んだという事でその中から失点率上位2チームでプレーオフを行う、という事になっていて、一度はメキシコとイタリアでプレーオフと発表されながらその後計算をやり直してイタリアとベネズエラでプレーオフ、という事になったそうですが、いくらルールの解釈の違いとはいえ、こんな混乱が起こるというのはどうか、という気もしますが。

いや、正直言って2006年の第1回大会の時は2次ラウンドで日本が失点率で2位になったため決勝ラウンド進出→優勝、という恩恵を受けているからあまり強いことは言えないのですが(苦笑)、だったらまだダブルイリミネーション方式の方がわかりやすいし、こういう事態が起こったら例えばサッカーのように得失点差とか総得点とかで順位を決めてもよさそうな気がするのですが。

まあ、まだ大会途中なので次回(2021年)大会についてどうのこうの言うのは気が早いかもしれませんが、わかりにくいルールはやはり改正するべきなのではないか、と思いますが。


がんばれ侍ジャパン! WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK)
ぴあ
2017-03-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by がんばれ侍ジャパン!  WBC2017観戦ガイド (ぴあMOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もっとわかりやすくできないのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる