管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 2100億も払ってこれじゃ…

<<   作成日時 : 2017/02/27 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近スポーツ中継はネットで見るもの、というのが定着しつつあるようで、配信しているサイトと言えばYouTubeやニコ生、あるいはスポナビライブなんかがありますが、今年から10年総額2100億円という大型契約が話題となったイギリスのパフォーム・グループが運営する配信サイト「DAZN」でJリーグを放送することになりましたが、開幕早々こんなトラブルに見舞われたようですね。

「「DAZN」Jリーグ開幕配信2日連続トラブルを謝罪」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000108-sph-socc
「DAZN、J開幕節の視聴不具合を謝罪…原因はスケジューリングシステムの構築誤差」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00556700-soccerk-socc

開幕戦が行われた25日には20分ほど映像が配信できないトラブルが発生し、昨日はJ1のガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府とJ2の愛媛FC対ツエーゲン金沢がリアルタイムで生視聴できず(急遽、後になってYouTubeで配信)、さらに22時50分からJ2の試合の見逃し配信ができなくなった、と2日連続のトラブルが発生したというのですからねえ。
「スケジューリングシステムの構築誤差」と言われても管理人よくわかりませんが(苦笑)、要はDAZN側のシステムに問題があった、という事でしょうかね? まあいずれにせよ早急な対策が望まれると思いますが、今年から10年にわたって2100億円を払う会社がこんなことで大丈夫なのでしょうか?
勿論いろいろと不慣れな部分はあるとは思うのですが、DAZNは日本のスポーツではVリーグ(バレーボール)やプロ野球の横浜DeNAと広島のホームゲーム(ただし広島県では広島のホームゲームは見られないようだが)も配信するというし、他にもサッカーのヨーロッパのリーグやMLBなどの中継もするそうですからね。これだけ数多くのスポーツを配信するとなると(たとえ日本国内でも)それ相応のシステムが必要になってくるのではないか、と管理人は思いますが。

もちろんまだ始まったばかりですからこれから改良されてはいくと思うのですが、ファンにとってはまだまだ心配の種は尽きないのではないでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2100億も払ってこれじゃ… 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる