管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS そんな歳だったとはねえ

<<   作成日時 : 2017/02/01 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「藤村俊二さん死去 82歳「おヒョイさん」の愛称、軽妙な味で人気」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000122-spnannex-ent
「藤村俊二さん死去 82歳、心不全 15年12月「途中下車の旅」降板」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000071-dal-ent

いや、管理人が子供のころから藤村氏はよくテレビで見かけた方(そのためかどうも最近の白髪頭より、昔の髪が黒く、ひげが生えていなかった頃のイメージが強いが)だったので、この訃報には驚きましたね。

日本テレビで放送されている人気テレビ番組「ぶらり途中下車の旅」も現在小日向文世氏が3代目のナレーションを務めていますが、そのナレーションを2015年の12月に降板されてから、その降板の理由もなんかいまいちよくわからなかった(体調不良とは言っていたが)こともあってどうしていたのかな、と思っていたのですが、もしかしたら病気療養だったのかな、という気もしてきますね。
ちなみにその「ぶらり途中下車の旅」も初代のナレーションだった滝口順平氏が急逝して、2か月ほど経ってから(その間はタレントや声優が交代で担当)2代目に就任したのですが、これから降板まで滝口氏は19年やったのに対して(年齢の関係もあるだろうが)5年しかやっていなかったんですね。とはいえやはり「途中下車の旅」を語る上では外せない人物であることは間違いがないでしょうから、近いうちに何らかの形で追悼特集をやることがあるかもしれませんが。

まあ、それはそうと藤村氏は「昭和九年会」という昭和9年(1934年)生まれの芸能人d根結成された回のメンバーだったそうですが、そのメンバーも一人また一人と世を去って行き(昨年は大橋巨泉氏が亡くなったし。見てみると結構いろいろなメンバーが所属していたようで)、残されたメンバーもWikipediaによると10人ほどのようですが、いずれにせよ彼らが芸能界に残したものというのは大きいものだったと思いますし、上にも書きましたけれど、管理人が子供のころからよくテレビで見かけていた人ばかりですからね。その人たちが次々と鬼籍に入ってしまう、というのはやはり寂しいものですし、それだけの時間が過ぎていた、という事になるのかもしれませんね。
本当に昭和というのは遠くなったものです(苦笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そんな歳だったとはねえ 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる