管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 果たしてどんなドラマになるんやら

<<   作成日時 : 2017/01/31 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本国であるイギリスのみならず世界中で売れている女流推理作家と言えば「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティですが、これまでも彼女の産み出した名探偵エルキュール・ポアロが活躍する作品をはじめとして数多くの作品が映画やドラマといったように映像化されていますが、今度テレビ朝日がこんな作品をドラマ化するようですね。

「仲間由紀恵&向井理ら豪華俳優陣で「そして誰もいなくなった」初映像化へ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000000-cine-movi
「アガサ・クリスティ「そして誰もいなくなった」、仲間由紀恵主演で国内初ドラマ化 2017年春テレビ放送」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000080-it_nlab-ent

絶海の孤島に10人の男女が集められて、一人また一人と殺されてついには…、というのが「そして誰もいなくなった」ですけれど、管理人、原作は好きな話ですし(ハヤカワ文庫の原作本も旧版と新版の2冊持っています)、これがきっかけとなってマザーグースにも興味を覚えるようになったのですが、これまでも何度か映画化されている話ですけれど、それが日本を舞台にしてドラマ化される、ということのようですね。

ただ、何年前だったか同じクリスティ女史の「オリエント急行殺人事件」をドラマ化した際(このときはフジテレビだったが)も、舞台を日本にしたせいかなんだか違和感があったのを覚えているのですが、今回の作品も(ある意味当たり前だが)舞台を日本にする、という事でいろいろと話にアレンジを加えることになるとは思うのですが、「オリエント急行」の時みたいになんだか変な違和感を感じることになりはしないか、と思うのですが。
それに「そして誰もいなくなった」の場合は確か原作と映画などでは最後のオチが違っている(これはクリスティ女史がそのようにしたそうだが)、という話を聞いたことがありますが、今回脚本を担当する長坂秀佳氏はどっちを採用するのか、も気になりますね。まあ、これまでにも数多くのTVドラマの脚本を手掛けてますし、江戸川乱歩賞も獲得した方ですからあまり変なものにはならない、と思いたいですが。

いずれにせよどんなドラマになるか気になるところですね。

(独り言)ちなみにこの話たくさんのオマージュ作品があるそうだけど、アニメの「うる星やつら」でもこれをネタにした作品があることをどれくらいの人が知っているかしら…


そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
早川書房
アガサ・クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
果たしてどんなドラマになるんやら 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる