管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS そう思い通りに行くか

<<   作成日時 : 2017/01/12 20:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メジャーリーグのボストン・レッドソックスやロサンゼルス・ドジャースで活躍したマニー・ラミレス選手が日本の独立リーグ・四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスと入団交渉を進めている、というニュースがあったことを覚えている人も多いと思いますが、何とこのたび正式に入団することが決まったようですね。

「独立リーグの「牛飼い球団」に、 なぜマニー・ラミレスが来ちゃうのか」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170112-00010002-sportiva-base
「【MLB】高知入りラミレス、過去に薬物違反も…米殿堂入りは“好感度”なら「合格」!?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00010012-fullcount-base

正直言ってかつてメジャーで活躍したとはいえ、今年45歳になる選手が日本の独立リーグとはいえ活躍できるのか、という気もしますし、なんか本人はゆくゆくは日本プロ野球の球団入りを目指している、という情報もあるようですが、果たして獲得する球団があるのかいな、という気がしますが。

なんかいろいろと調べてみると薬物違反で出場停止処分を受けたこともあるそうだし、2013年には台湾プロ野球の義大ライノズ(今年から富邦ガーディアンズ)に所属していたものの、結局前期シーズンだけで帰国してしまったという事がありますからね。
いや、高知では2015年にテキサス・レンジャーズを退団した藤川球児投手が所属していて結果的に2016年から古巣の阪神復帰という事がありましたが、ただ藤川投手の年齢(当時35歳)と今年45歳になるラミレス選手を同じレベルで考えることは到底できませんし(投手と打者という違いもあるし)、彼自身が「野球ができるのならばどこででも行く」とでもいう気持ちだったらおそらく四国ILでも十分に活躍できると思うのですが(もっともそうだったら台湾に前期しかいなかった、なんてこともなかったかもしれないが)、例えばこれがNPB入団やあるいはメジャー復帰をめざしての腰掛け入団のつもりだったらおそらく台湾と同じようなことになるんじゃないか、と管理人は思いますが。

まだいつ来日するのか、とか入団発表は行われるのか、と言ったようなことはわかりませんが、いずれにせよ高知球団及び本人の思い通りに行くかどうか注目したいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そう思い通りに行くか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる