管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年のJリーグは下剋上の年だったのか?

<<   作成日時 : 2016/12/04 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日行われたJリーグの年間王者を決めるチャンピオンシップは前期優勝で年間勝ち点3位の鹿島アントラーズが年間1位の浦和レッズに2−1で勝ち、第1戦の結果と合わせて2−2になったもののアウェイゴールルール(アウェイ戦での得点を2倍にして計算。ちなみに昨日の試合は埼玉スタジアム2002だったため、浦和のホームゲーム)により鹿島アントラーズが年間王者に輝き、今日行われたJ2のJ1昇格プレーオフは4位のセレッソ大阪と6位のファジアーノ岡山の間で行われ、1−0でセレッソが勝ち、3年ぶりのJ1昇格を決めましたが。

「金崎2発!! 鹿島、大逆転で7年ぶりリーグ制覇!! 年間勝ち点3位からの“下剋上”で18冠達成」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-01633961-gekisaka-socc
「C大阪が3年ぶりJ1復帰! 昇格PO決勝で岡山を撃破、昨季の雪辱を晴らす」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161204-00523292-soccerk-socc

J2の場合は1位と2位は自動昇格、3位以下の4チームはトーナメント戦によって昇格を決める、というシステムで今回決勝戦に残ったファジアーノ岡山は3位だった松本山雅FCに勝って決勝に残ったチームで、結局J2で4位のチームがJ1に上がったという事になりますが、管理人できる限りこういったプレーオフは上位チームに有利になるようにするべきだと思っていますからね。ですからます5位と6位がやって勝者が4位と、そのまた勝者が3位と行う、という「ステップラダー方式」の方がいいのではないか、と思うのですが、まあこの件に関しては今後の検討課題という事で。

で、今回のチャンピオンシップですが、いや、地元のチームですから鹿島の優勝が嬉しくないと言ったらうそになりますが、でもこのシステムもどうかな、という気もするんですよね。なんか2010年の日本シリーズでリーグ3位だったロッテが日本一になったときもなんか割り切れないものを感じましたが(だから管理人はCS反対派なのだが)、あれと同じものなのでしょうか?
まあ、来年からJ1は1シーズン制に戻りますからこのチャンピオンシップのシステムも今年限り、という事になりますがただやっぱりなんとなくもやもやした思いが残るのも事実でして。
もし将来J1がチャンピオンシップを復活させるとしたら、できる限りファンの納得いくようなシステムを作ってほしいと思いますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年のJリーグは下剋上の年だったのか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる