管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当に来るのかねえ

<<   作成日時 : 2016/12/03 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本プロ野球というとNPBばかりが注目されていますが、実は四国アイランドリーグplus、ベースボール・チャレンジ・リーグ、ベースボール・ファースト・リーグという3つの独立リーグがあってNPBを戦力外になった選手が活躍の場を求めて移籍したり、あるいは外国のリーグで活躍した選手がNPB入りを目指してやってくることがあるのですが、その独立リーグでこんな話があるようですね。

「四国アイランドリーグに驚がくの一報!「高知のマニー・ラミレス」は誕生するか?」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takatahirofumi/20161202-00065061/
「【四国IL】マニー・ラミレスが高知に入団売り込み」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00000263-sph-base

かつてMLBのボストン・レッドソックスやロサンゼルス・ドジャースで活躍したマニー・ラミレス選手が四国ILの高知ファイティングドッグス(かつて藤川球児投手が帰国後阪神復帰前に所属したことがある)に入団の売り込みをしたとか。
いや、独立リーグというとかつてロッテで活躍したフリオ・フランコとか近鉄や巨人で活躍したタフィ・ローズといった選手がBCLに所属していたことはありますが、かつてのメジャーリーガーが売り込みに来た、というのは聞いたことがないんですが。もしこれが実現すると話題にはなると思いますが、果たして本当なのか、という気もするのですが。
というのもラミレス選手は一時台湾プロ野球の義大ライノスにいたことがあったのですが、確かメジャーのチームから話があったというので3か月ほどで退団したことがあったと記憶していますし、来年45歳という年齢を考えると(そりゃフランコは56歳、T.ローズは同じくらいだったが、彼らは監督やコーチ兼任だったし)、全盛期のような活躍ができるのかいな、とも思えてきますしね。それに調べてみると四国ILの場合は月給が15万円程度という話ですし、それまで何百万ドルという年俸をもらっていた選手がそれだけの安い月給に我慢できるのか、という気もしてきますしね。

まあ、まだ本格的な交渉が始まっていないそうですし、もちろんご破算になる可能性もありますが、いったいどうなるか見てみたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当に来るのかねえ 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる