管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS これでよかったのだろうか?

<<   作成日時 : 2016/12/23 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去る12月19日、ドイツのベルリンでクリスマス市にトラックが突っ込み、12人が死亡した、というテロ事件がありましたが、テロを起こした後に逃走し、当局が行方を追っていたチュニジア国籍の男がイタリアのミラノで銃撃戦の末、イタリア警察の手によって射殺されたそうですね。

「独テロ容疑者、射殺=イタリアで警官と銃撃戦」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-00000063-jij-eurp
「独テロ、容疑者のチュニジア人を伊警察が射殺」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20161223-OYT1T50064.html

今回の事件は最初は別の人物が拘束されたのですが、結局容疑不十分という事で釈放され、その後今回の容疑者が特定されて公開捜査に踏み切ったわけですが、結局ポーランドでトラックを盗む→ベルリンでテロを実行→イタリアで射殺、と3か国を股に掛ける事件となったことはやはりヨーロッパという事でしょうか?

まあ、ぞれにしても結局この事件は(銃撃戦の末だったとはいえ)、結局容疑者が死亡してしまったという事になりますからね。なんでこのような犯行に及んだのか、といったようなことを知る手掛かりが亡くなってしまったのも一緒ですからね。
なんか聞いた話ではISが犯行声明を出したとかいう話ですが、考えようによってはISもここまで追い詰められてきているという事なのでしょうか? 対ISの戦闘は山場を迎えているような感じがしますし、正直言って管理人はISはぶっ潰さなければならない敵だとは思っていますが、でも仮にISをぶっ潰したとしても今後こういったテロがまた起こる可能性があるわけですからね。なんかオーストラリアでクリスマスにテロを計画していた神bつが逮捕された、という話を聞きましたが、これから年明けにかけて世界中で十分に警戒しなければいけないのかもしれませんね。

他の記事を見てみると今回テロの標的にあったベルリンのクリスマス市が警戒を強化して再開した、という事になったそうですが、いずれにせよこういったテロに屈しない姿を見せることが対テロ行為にとって一番効果的なのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これでよかったのだろうか? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる