管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やはりまたやったようだな

<<   作成日時 : 2016/11/28 20:16   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

かつて数多くのヒット曲を出したものの、2年半前の2014年5月に覚せい剤取締法違反で逮捕されたミュージシャンと言ったらASKAこと宮崎重明元被告ですが、その後裁判で懲役3年・執行猶予4年の判決を受け、現在執行猶予中の身だったのですが、そのASKAがなんかまた覚せい剤使用の容疑で逮捕状を請求されたようですね。

「ASKA容疑者、覚醒剤を使用した疑いで逮捕状、自宅を出ようとするも大混乱で出られず…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000134-sph-ent
「ASKA元被告 自宅で報道陣に潔白主張 「私はやってない。不法侵入ですよ」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000100-dal-ent

やっていないという割には警察に自ら電話したり、意味不明なことを口走ったりしている、といったような管理人から見ればどう考えてもまたもには見えない行動をしている気がするのですが、それはとにかく尿から陽性反応が出たからこそ警察は逮捕状を請求したのだろうし、こうなるともう言い逃れもできないのではないか、と管理人は思いますからね。執行猶予中の再犯という事で(もしこのまま逮捕、という事になったらだが)間違いなく今度は刑務所に行くことになるのではないか、と思いますが。

実はこの報道がされる少し前に新アルバムが完成間近で、来月の末に曲の一部をYouTubeで公開する、という報道があったそうですが、(どんな曲を作っていたのか、というのも気にはなるが)こういうことが起こってしまった以上、おそらく公開も発売も中止になるのではないか、と思いますよね。
それにしてもやはりこういった薬物というのはやはり2度3度を手を出してしまうものなのですね。しかもASKAの場合は2年半前に逮捕され執行猶予中のみだったんですあkらね。周りもさりげなく、といった感じで監視するという事は出来なかったのでしょうか? いや、管理人が聞いた話では3度目の逮捕→出所後に田代まさしがスタッフとして働いている薬物依存者の更生施設「ダルク」にも顔を出したことがあるそうですけれど、もっと行かせられなかったのか、という気もしますが。

まあ、いずれにせよこの後どうなるかわかりませんが、ASKAにとっては取り返しのつかないことになってしまったことだけは間違いがないでしょうね。


薬物依存―恐るべき実態と対応策 (ベスト新書 248)
ベストセラーズ
佐藤 有樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 薬物依存―恐るべき実態と対応策 (ベスト新書 248) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本当又やったようですね〜!! ASKAさん何だか又ファンを裏切ってしまいましたね〜!(;_;)キッパリと覚醒剤を辞める事が出来ないんですかね〜??(>_<)何だか本当残念で仕方がありません!!(;_;)
スナフキン
2016/11/29 07:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはりまたやったようだな 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる