管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS で、肝心の腕前はどうなの?(笑)

<<   作成日時 : 2016/09/28 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

対戦型ゲームというのは結構歴史があって今ではネットを使ってのオンラインプレイ、というのが当たり前のように行われていますが、もともとは(シリーズ第5作目が発売された)カプコンの「ストリートファイター」シリーズの第2作目が出た1992年ごろだったか(ちなみに管理人もその頃発売されたスーファミのソフト買いました)、対戦プレイが人気となって両国国技館で全国大会が開催された、と記憶していますが、現在でもこういった対戦型ゲームの大会が全国規模、もう一つ言えば世界規模で開催されていますが、それに関してこんな騒動があったようですね。

「「群馬県の市職員が格闘ゲーム世界大会で優勝」と虚偽の記事掲載 上毛新聞・朝日新聞が謝罪」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000019-zdn_n-game
「太田市臨時職員が外国でゲーム大会優勝と虚偽報告…2紙が報じる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160928-00000120-sph-soci

この臨時職員は記者会見まで開いて上毛新聞・朝日新聞の2氏がそれを真に受けて記事にまでしたというのですが、この2誌もちゃんと裏付けをしなかったのか、と思いますが、考えてみたらこういった大会が実際に行われていたとしたら今の時代すぐにTwitterやfacebookで話題になるはずだし、YouTubeとかの動画投稿サイトで(確かニコ動ではよくこの手の大会の生放送が行われるし)動画が上がってなければおかしいと思うのですが、誰も気が付かなかったのでしょうかね? まあ、この記事が掲載されてからすぐにこの手の指摘が来た、というのですからある意味でネット時代を象徴していると言えば象徴していると思いますが。

それにしてもこの臨時職員もこんな嘘をついたんですかね? それに仮に嘘をついたとしても「1回戦で負けてしまった」とでも言っていればここまで騒ぎも大きくならずに済んだような気もするのですが。それよりなにより世界大会となるとそれこそ管理人の腕前だったら何もできずに秒殺されてしまいそうなプレイヤーが数多く集まると思うのですが、肝心の腕前はどうだったのでしょうか?(苦笑)

まあ、いずれにせよ本人にとっては軽いウソのつもりだったのかもしれませんが、これだけ騒ぎになってしまったという事を十分に反省してほしいと思いますが。


ストリートファイターV
カプコン
2016-02-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ストリートファイターV の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
で、肝心の腕前はどうなの?(笑) 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる