管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 10年も先の話だけど。

<<   作成日時 : 2016/09/25 18:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これから日本で行われる一大スポーツイベントと言ったら何と言っても2020年の東京五輪ですが、実は来年札幌で3度目の開催(日本での開催は4度目)となる冬季アジア大会(一部の競技は帯広市で開催)が開催されるんですよね。「アジア版オリンピック」と言われているアジア大会と言えばおととし開催された韓国・仁川で開催された大会がその運営に関していろいろと問題になったことを覚えている人も多いと思いますが、10年後の2026年に開催されるアジア大会が日本では3度目(ちなみに過去2回は1958年東京、1994年広島)となる愛知県と名古屋市の共同開催で決まったようですね。

「2026年アジア大会、愛知県と名古屋市で共催」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20160925-OYT1T50046.html
「愛知・名古屋で26年ア大会=32年ぶり日本開催」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000019-jij-spo

名古屋市と言えば古くは1988年のオリンピック開催地に立候補してソウルに敗れたり、あるいは2002年のワールドカップの開催地招致に失敗(ちなみに2019年ラグビーワールドカップは愛知県の豊田市で開催が決まってるが)、といったことがありましたから、ある意味ようやくこういったイベントの招致に成功したといったところかもしれませんね(ちなみに12月に開催地が決まる2020年のフットサルワールドカップの開催地にも立候補している)。

ただ、オリンピックも同様の問題を抱えていますが、アジア大会も金がかかりすぎる、という問題を抱えているんですよね。というのも実は2018年大会は最初2019年にベトナムのハノイで開催される予定だったのが財政難で開催を返上して結局2018年にインドネシアのジャカルタで開催、と決まったんですが、今回も立候補したのが愛知県・名古屋市以外に1都市もなかったというのですからねえ。2022年大会も中国の杭州で開催という事ですからアジア大会も(競技数もオリンピックより多いし)、多額の開催費用が用意できるところしか開催できない、という事になるのかもしれませんね。

まあ、とはいえまだ10年も先の話ですから(今回のように10年も前に開催が決まるのも珍しいそうだが)、どういった大会を開催するのかしっかりと方向性を見極めてほしいですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10年も先の話だけど。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる