管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS この差は何なのだろうか

<<   作成日時 : 2016/08/24 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去る21日に閉会式を迎えたオリンピックに続き、障碍者スポーツ最大の祭典とでもいうべきパラリンピックがオリンピックと同じリオデジャネイロで来月7日から12日間にわたって開催されますが、なんか聞いた話だとチケットの売り上げが目標の12%にしか届いていない(五輪の時にも空席が目立っていると言われたがそれ以上になるのか?)という深刻な資金難で、なんか10か国ほどの選手が参加できないのではないか、とか車いすフェンシングの会場を変更する、とか言われているようですが、もう一つこんなこともあったようですね。

「パラリンピック=ロシア、リオ不参加に ドーピングで訴え却下」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000015-reut-spo
「ロシア、パラリンピック出場禁止裁定に強く反発」
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/para2016/topic/20160824-OYT1T50079.html

ロシアが国ぐるみのドーピングを行っていた、としてリオ五輪の際も出場するしないでもめ、結局は各競技団体の判断に任せる、という何とも歯切れの悪い結果となり、結局当初の予定より100人以上少ない人数でロシアはリオ五輪に参加することになりましたが、パラリンピックの方は結局ロシア代表が参加できない、という事になったようですね。

この決定に対してロシアは反発しているという話ですが、でも参加を認めようが認めまいが、必ず批判が出るのは仕方がないと言えば仕方がないんですよね。とはいえこの差は何のか、と思えてくるのも事実でして。
結局オリンピックの場合はIOC(国際オリンピック委員会)よりも各競技団体の力の方が強くて、逆にパラリンピックの場合は(障碍者スポーツというのがある種特殊なものだからかもしれないが)、IPC(国際パラリンピック委員会)の方の力が強い、という事なのでしょうか?

まあ、いずれにせよ大会まであと2週間ほどですし、いろいろと大変な部分があると思いますが、リオ五輪も運営自体は何とか最後まで無事に行えたのですからパラリンピックの方も何とか無事に終えてほしいと思います。
パラリンピックが終わって初めて次の東京への引継ぎは終わるはずですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この差は何なのだろうか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる