管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS いろいろと新しい動きがあるようで

<<   作成日時 : 2016/08/19 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「エヴァ」の庵野秀明氏が脚本&総監督、樋口真嗣氏が本編&特技監督を務めた映画「シン・ゴジラ」がすごい大ヒットを飛ばしているようですね。実は管理人も見に行きたいのですが、映画館に行くのに最低でも1時間はかかるというド田舎に住んでいるもので(苦笑)、正直言って「これはBD待ちかな」と思っているのですが(まあ、今年の年末〜来年の春ごろには出ると思うが)、アメリカでは(以前から決まっていたが)2014年に公開されたレジェンダリー版の続編2作が2019年と2020年に公開される予定ですが、日本でもこんな動きがあったようですね。

「『ゴジラ』世界初アニメ映画化決定!脚本に虚淵玄!謎だらけのビジュアル公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160819-00000002-flix-movi

ゴジラとアニメ、というのは1998年に公開されたトライスター版の続編とでもいうべきTVアニメがアメリカで制作されて日本でも「ゴジラ ザ・シリーズ」というタイトルで放送されたことがあるのを知っている人もいると思いますが、今度は日本で制作するというのもなんかちょっと意外な気がしますが。
確かに実写にはできない表現がアニメではできると思うのですが、逆に実写でなければできない部分というのもあるような気がしますよね。ご存知の人も多いと思いますけど、37年前の1979年に「ザ★ウルトラマン」というウルトラマンシリーズ唯一のTVアニメが放送されていましたが(その後アメリカとの共同制作で「ウルトラマンUSA」という劇場版も制作されたが)、あれだって結局1作だけで終わってしまって結局今でも実写版で制作されていますからね。やはりアニメにはアニメの、実写では実写の良さというものがあるのかもしれませんね。

今のところ画面写真1枚だけなのでストーリーがどうなのか、とかいったことが全然わかりませんが、とはいえこれがヒットしなければスタッフの言う「レジェンダリー版2作へのバトン」にならないし、やはり大勢のファンが期待しているであろう、実写版のシリーズ再開(アニメが来年、レジェンダリー版が2019&20年という事を考えると、やるとしたら2018年になりそうな気がするが)にもつながりませんからね。
いずれにせよ「シン・ゴジラ」のヒットで日本のゴジラ復活への機運も徐々に高まりつつあるのですから1990年代前半の頃のように「毎年ゴジラの新作が公開されてヒットを記録する」という世の中がまた来てほしい、とファンの一人として心から思っております。


シン・ゴジラ音楽集
キングレコード
2016-07-30
鷺巣詩郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シン・ゴジラ音楽集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いろいろと新しい動きがあるようで 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる