管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS こういうことがあるとはねえ。

<<   作成日時 : 2016/08/16 20:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日行われた夏の全国高校野球で管理人の住んでいる茨城代表の常総学院がなんと優勝候補の一つに挙げられていた大阪代表の履正社に7−4で勝ち、3年ぶりのベスト8に進出しました。いや、確かに鈴木昭汰投手はプロも注目し、今年のドラフトで上位指名が期待されているほどの投手だと思いますが、正直言って相手が履正社だったのでこりゃ負けるかな、と思ったのも事実なんですが(大汗)。もちろんまだまだあしたで残り4試合の結果もありますし、優勝経験のある明徳義塾もまだ残っていますから、13年ぶりの優勝にはまだ越えなければならないハードルはいくつもありますが。
で、今日の対戦相手となった履正社は2回戦で競合の横浜と対戦しましたが、このように一発勝負のトーナメントというのは時々まさかと思え組み合わせが実現しますが、リオ五輪のバドミントン女子シングルスでこんな組み合わせが実現したそうですね。

「バド日本人対決へ奥原「ガチンコでぶつかりあえたら」 山口も「いつも通り」」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00000033-dal-spo
日本勢対決、奥原に実績=後輩山口と4強争い〔五輪・バドミントン〕」
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160816-00000031-nksports-spo

いや、例えばこれが決勝戦で金メダルをかけて対戦する、とでもいうのでしたらまだわかるのですが(実際そういう例だってあるし)、まさか準々決勝で対戦が実現するとはねえ。まあ、覚えている人も多いと思いますが、4年前のロンドン大会の際の同国同士の対決を避けたい韓国代表と中国代表が「無気力試合」をして失格になった、という事態があったため(まあ、あれは当事者同士が悪いんだから、今にして試合中に失格を申し渡してもよかったような気がするし、よくリオ五輪で実施競技から外されなかったな、という気もするが)今大会から1次リーグの抽選の方法が変わったそうですが、とはいえこんない早く同じ国同士の、しかも日本人同士の対戦、となると我々日本人はどっちを応援したらいいのか困ってしまうのではないか、という気がしてきますが。

まあ、でも勝てば準決勝、という事でどちらも負けられない対戦であることは間違いがないだろうし、勝った方は負けた方の分も背負っている、と思ってメダル獲得を目指してほしいと思いますが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こういうことがあるとはねえ。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる