管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS やっぱり事実だったのかと思えてくるが

<<   作成日時 : 2016/08/12 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

リオ五輪が開幕して間もなくの8月8日に水泳で金メダルを獲得したオーストラリアの選手が銀メダルを獲得した中国の選手を(2年前にドーピング検査に引っかかって出場停止処分を受けたからか)「薬物使用者」と発言したことが問題となっていますが、今回のオリンピックは大会前からロシアの選手の国家ぐるみのドーピング問題でもめていましたが、本番でもドーピング検査で引っかかった選手が出たようですね。

「中国競泳選手が陽性反応=女子バタフライの陳欣怡〔五輪〕」
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160812-00000155-jij-spo
「女子100mバタフライ4位の陳欣怡、ドーピング検査陽性 新華社」
http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/hl?a=20160812-00000038-jij_afp-spo

ちょっと意地の悪い見方をすれば「なんだよ、結局(金を取った)オーストラリアの選手の言ってたことが正しかったんじゃねーか」と思えてきますが、この件に関しては置いておくとして、中国というのも昔からドーピングに関してはいろいろと噂もあって20年くらい前だったか、女子陸上で次々と優勝して「馬軍団」と呼ばれた選手たちがいたのですが、結局その後組織ぐるみでドーピングをしていたのではないか、という噂が出てきて、確か同じころにコーチのセクハラ疑惑だか何かが起こってチームそのものが公開してしまった、という事があったのですが、まあそれはそうと今回のドーピングにひっかかった選手というのが18歳という話ですからね。確かに水泳選手というのはピークが20代前半でしょうから選手として活躍できる期間が短い、というのはわかるのですが、もしかしたらこの選手は4年後の東京五輪で主力になることができた選手だったかもしれないのですから、こんなことでその選手の将来を潰してしまうのもどうか、という気がするのですが。
なんか他にもブルガリアの女子の陸上選手がドーピング検査に引っかかった、という話も聞きますし、なんか国会もいろいろとドーピングが問題になりそうな気がしますね。

で最初の話に戻りますが、体操の男子個人総合で内村選手が2連覇をしたことに関して銀メダルを取ったウクライナの選手が「スコアに対してはフェアで神聖なもの。(内村)航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている」とコメントしたことが話題となっていますが、やはりオリンピックというのは4年に1度しかない大舞台ですから、こういった相手の選手たちからも尊敬されるようなフェアプレーを心がけてほしいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
やっぱり事実だったのかと思えてくるが 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる