管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS なんかまだ全容が見えてこないのだが。

<<   作成日時 : 2016/07/19 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

という事で日本の製作としては(アメリカ版は2年前に制作している)12年ぶりとなる「ゴジラ」シリーズ最新作「シン・ゴジラ」ですが、公開前から「総監督・脚本:庵野秀明、監督・特技監督:樋口真嗣、准監督・特技統括:尾上克郎」「300名を超えるキャスト」と言ったことが話題になっているようですが。

「フルCG「シン・ゴジラ」100の国と地域で配給…石原さとみが米大統領特使役」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000126-sph-ent
「<庵野秀明監督>「エヴァ」最新作の遅れを謝罪」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000009-mantan-ent

管理人、「エヴァ」についてはよくわからないので通り一遍のコメントしかできないのを勘弁していただきたいのですが、なんか庵野監督も劇場版「エヴァ」の最新作の製作が遅れていることもあってか精神的に追い詰められていたときにこの話が来た、という事で最初は断っていたそうですが、それでも「シン・ゴジラ」の方を製作して結局「エヴァ」の方も製作する意欲がわいてきた、という事のようですがでも考えてみたら最初のアニメから20年以上経っていて、前作の劇場映画から4年経っていますからね。できるだけ早く新作を見たい、というファンも多いでしょうからあとは全力投球してほしいですが(そういえばその「エヴァ」で声をやってた宮村優子が離婚したとか。もうそれだけの時間がたってるんですな)。

で、話を元に戻しますけれど、公開まであと10日だというのに正直言ってなんかまだ全容が見えてこない気がするんですよね。特報とか予告編を見る限りでは1954年の第1作とか1984年版のような敵怪獣が出てこない「ゴジラがもし日本に上陸したらどうなるか」というシミュレーション的なストーリーなのかな、という気もしますし、おそらく東宝もこの作品をきっかけとしてシリーズ再開を考えていると思いますが、その「新シリーズとしての1作目」としてのインパクトをどれだけ残せるか、と言う気がしますが(それに樋口監督は「日本沈没」であれだけやらかしていますから特撮はとにかく本編監督としての力量に関してはいまだに「?」だし)。
まあ、いずれにせよ時間があったら管理人も映画館で見に行きたいな、と思っていますし、おそらく年末yから来年になるであろうBDが出たら購入を考えている、という事だけは書いておきます。


GODZILLA[2014] 東宝Blu-ray名作セレクション
東宝
2016-06-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GODZILLA[2014] 東宝Blu-ray名作セレクション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんかまだ全容が見えてこないのだが。 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる