管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 試合を見に来たのか、単に暴れたいのか

<<   作成日時 : 2016/06/11 20:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年行われるサッカーの国際的なイベントというと真っ先にリオ五輪が思い浮かぶと思いますが、あれはご存知の通り参加する選手が23歳以下+オーバーエイジ3人までという規則があるんですよね。ですのでフル代表が出場する大会、というと同じ年の五輪前に開催されるEURO(ヨーロッパ選手権)というのがあるのですが(ちなみに今年は第1回開催から100年目という事でアメリカで北中米カリブ海と南米の共同開催で「コパ・アメリカ・センテナリオ」という大会が行われているようで)、この大会、前にも書いたと思いますがヨーロッパの代表が集まって行われ、それこそワールドカップ並みのレベルの高さと言われているようですね。で、日本時間のけさ早く開幕戦が行われ;開催国の意地を見せてフランスがルーマニアに勝ったようですが、こんな騒動が起こったようで。

「イングランドのフーリガン、仏マルセイユで警官隊と衝突」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160611-00000013-jij_afp-socc

念のために言っておきますが当のイングランドとロシアはまだ試合を行う前で(日本時間の明日行われる)、おそらく試合に備えてマルセイユ入りしたフーリガンが暴れたと思うのですが、そういえばヨーロッパは移動が容易ですからこういったフーリガンが暴れる可能性というのは十分にあるんですよね。そう考えるとフランスの警察当局はテロ対策ももちろんですが、フーリガン対策もしなければいけないのですから頭が痛いのではないか、という気がするのですが。

それにしても彼らフーリガンというのはサッカーの試合が見チアのか、それとも単に暴れたいのかどっちなのでしょうか? ましてやイングランドのフーリガンというのはこれまでに何度も同じような騒動を繰り返しているのですから(ちなみに2002年ワールドカップの時も日本にフーリガンがやってくることが懸念されたが水際作戦とイングランドを応援している日本のファンに驚いてフーリガンも暴れずにおとなしく帰国したらしいが、そういったことは奇跡中の奇跡)、イギリス政府ももっと本腰を挙げてフーリガン対策をしてもいいのではないか、と思うのですが。

大会かこれから1か月近くかけて行われますが、これからこういった騒動がないように、そしていリオ五輪や来るべき東京五輪でも同じことが起こらないようになってほしいですね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
試合を見に来たのか、単に暴れたいのか 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる