管理人のHITORIGOTO

アクセスカウンタ

zoom RSS 今度は最後までやるのかね?

<<   作成日時 : 2016/06/01 20:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「<はいからさんが通る>38年ぶりアニメ化 劇場版アニメが17年公開」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160531-00000032-mantan-ent

1975年から77年まで連載され、過去3回ドラマ化され、1987年には南野陽子の主演で映画化された大和和紀の人気少女漫画「はいからさんが通る」(実は管理人も妹が原作漫画持っていたので読んだことがあります)が38年ぶりにアニメ化されるとか。
大正時代に少女が出てきて恋のお相手が軍の少尉、というと最近ではどちらかというと「サクラ大戦」(ってこれも最初の作品が出たのが20年前のゲームだが)を思い出す人も多いと思いますが、どっちかというと「サクラ」がこっちをイメージした、と言った方が正しいかもしれませんね。

ちょっと話が横道にそれましたが、管理人このニュースを見たとき「よく原作者(大和和紀さん)がアニメ化を許可したな」と思いまして。
というのも実は1978年にアニメ化された時は話の途中(確か伊集院忍少尉がロシアから記憶喪失になって帰国したあたり)で打ち切りとなってしまって、結局無理やりな形で話を終わらせてしまったことで原作者が怒って以後自分の作品のアニメ化(いくつか自身の作品の企画は上がっていたのだが)には許可を一切出していない、という話を聞いたからでして。それがまたなんでここにきて許可を出したのか、という気もするのですが、それで気になるのが「それじゃ今度は原作の最後までアニメ化するのかな」という事なんですよね。

(ネタバレしない程度に書きますが)原作のクライマックスは関東大震災が起こって、少尉が紅緒(主人公)を救出に向かう、というものなんですが、上にも書いた通り、TVアニメはそこまで行かず、南野陽子の映画は(上映時間が90分という事もあってか)相当原作の話の途中を端折って終わらせてますからね。ですから劇場版が上映時間がどうなるのか、今流行りの前後編2部作みたいなつくりになるのかわかりませんが、やはり今度こそ完結を、と思っている人も多いのではないか、と思いますし、それらのファンの期待を裏切らないようにしてほしいですね。

尚、念のために言っておきますがタレントの伊集院光の芸名は「アストロ球団」の伊集院球三郎から取ったものであり、本人は「『はいからさんが通る』は読んだことがない」と言っているそうです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今度は最後までやるのかね? 管理人のHITORIGOTO/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる